医薬品個人輸入について

医薬品・医薬部外品の個人輸入は、薬事法によって認められている、正規購入方法です。

一般的には、海外製品を個人で使用することを目的として、海外販売会社・小売店・メーカーなどから個人が直接購入すること、となっています。
当サイトが紹介している通販サイトは、個人輸入代行サイトのみです。

購入した医薬品の使用目的と、購入できる数量の2点のみ、薬事法では規制があります。
使用目的は個人で使用することに限られており、他人に譲ったり、販売することは禁止されています。
数量は医薬品なら2ヶ月分以内、処方箋薬なら1ヶ月分以内、ビタミン剤なら4ヶ月以内と定められています。

つまり、1人で使い切れない・転売目的を疑われるほどのむやみやたらな大量購入は違法です。
また、完全に個人で使用することに限られていますので、転売はもちろん、知人や友人へ譲渡の場合にも違法となります。

代表的な個人輸入代行サイト

個人輸入代行サイトなら、海外通販の手間を省けます!

当「お薬辞典」が価格比較をしているのは、個人輸入代行サイトです。
個人輸入代行サイトは、個人が使用するために、海外から商品を購入する際の手続きを本人にかわって代行するサービスです。

個人輸入を独自に行うことも可能ですが、海外の業者と英語でメールのやりとりができるくらいの語学力が必要となります。さらに、個人で行う場合、商品が予定通りに到着しなかったリ、間違った住所に送られてしまったりというトラブルも多発しています。

その点、個人輸入代行サイトを利用すれば、輸入代行業者が、海外の医薬品販売業者にとりまとめて商品の注文・支払いを行ってくれます。
言葉の壁や、通貨の違いなどの面倒な手間をかけずに、海外の商品を日本にいながら手軽に購入ができます。

家族にバレずに購入できる!

注文した商品は、海外の業者から1週間~10日で直接注文者様のご自宅へ届きます。

そんなとき、一人暮らしならばいいけれど、家族と同居していると少し恥ずかしい場合もありますよね。
なかなかデリケートな症状ですと、病院に相談へ行くのも難しいために個人輸入でお薬を購入する、という方もいらっしゃると思います。
当サイトで紹介している個人輸入代行サイトでの購入ならば、商品名欄に商品名をそのまま記載されることはありません。
海外からの発送のため、お薬は厳重に梱包され、中身はわかりません。

商品名の記載は、サイトによって表記はまちまちですが、『サプリメント』などと表記される場合もあります。
商品名の記載が詳細に気になる場合は、各個人輸入代行サイトに問い合わせてみてください。

医薬品は取り扱いをきちんと確認してから!

個人輸入代行サイトを利用すれば、人目を気にせず、欲しいお薬を自由に購入できます。
もちろん、処方せんも必要ありません。

しかしながら、全て医薬品です。
本来ならば病院へ行って医師に処方してもらうものです。
これは、医薬品には副作用や、併用禁忌薬、また症状や併発している病気によっては服用できない方もいらっしゃるためです。

個人輸入で手軽に購入できることはもちろんメリットですが、飲み合わせによっては病状が悪化してしまったり、重篤な副作用が起きることも全く無いとは言えません。
日常的に服用しているお薬がある場合や、気になる症状がある場合は、必ず病院へ行って医師に相談してください。

医薬品の副作用にはかなり個人差があるため、過信はせず、充分注意して服用するようにしましょう。

このページの先頭へ