プレマリン0.625mg[Premarin]

個人輸入代行サイト 送料込価格 比較 本体価格(送料) 比較

くすりぴあ

くすりぴあで購入

4640

¥3640

(¥1,000)

クスリックス(薬楠一番薬局)

なし

-

-

(-)

ちょび髭薬局

なし

-

-

(-)

あごひげ薬局

なし

-

-

(-)

お薬王国

なし

-

-

(-)

ジェネナビ

なし

-

-

(-)

アットドラッグ

アットドラッグで購入

6250

¥5250

(¥1,000)

薬蔵(クスリグラ)

薬蔵(クスリグラ)で購入

5720

¥4720

(¥1,000)

この情報は 2017年1月25日 に調査したデータです。 購入される場合は、各サイトでお値段のご確認をお願い致します。

プレマリン0.625mg[Premarin]について

プレマリン 0.625mgはワイス社から出ている女性ホルモンエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する薬です。プレマリン 0.625mgで効果的に十分な量を補うことによって卵胞ホルモンが影響する婦人科系の疾疾病を改善します。卵胞ホルモンは主として卵巣と胎盤でつくられますが、一部は副腎や男性の睾丸によってもつくられます。プレマリン 0.625mgは様々な婦人科系の疾病に処方される大変有効なお薬です。子宮発育不全,無月経,月経不順,子宮不正出血,老人性腟炎など卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害、腟炎(老人、小児および非特異性)、機能性子宮出血、更年期障害の諸症状に処方されます。ホルモンに大きく関わる薬なので他の薬と併用している方や妊娠している可能性のある方、思い肝機能障害のある方は使えません。

服用方法・使用方法

プレマリン0.625mgの飲み方についてです。結合型エストロゲンとして、1日0.625~1.25mgを経口服用します。また、機能性子宮出血と膣炎に対しては、結合型エストロゲンとして1日0.625~3.75mgを経口服用します。なお、個々の年齢や症状の重さにより増減します。

効果効能

女性用ホルモン剤として卵胞ホルモンを補充する効果のあるお薬です。女性の更年期障害や月経不順などの悩みに効果的です。

副作用

プレマリン0.625mgの副作用として、血栓症、血栓塞栓症、四肢血栓塞栓症、肺血栓塞栓症、心血栓塞栓症、脳血栓塞栓症、網膜血栓塞栓症、下肢疼痛、下肢浮腫、突然の呼吸困難、息切れ、胸痛、中枢神経症状、眩暈、意識障害、四肢麻痺、急性視力障害があります。

間違えワード

フレマリン、ブレマリン

プレマリン0.625mg[Premarin]の口コミ・評判!

このページの先頭へ

このページの先頭へ