クロミッド・ジェネリック50mg[Clomid]

個人輸入代行サイト 送料込価格 比較 本体価格(送料) 比較

くすりぴあ

なし

-

-

(-)

クスリックス(薬楠一番薬局)

クスリックスで購入

4670

¥3670

(送料無料)

ちょび髭薬局

なし

-

-

(-)

あごひげ薬局

なし

-

-

(-)

お薬王国

なし

-

-

(-)

ジェネナビ

なし

-

-

(-)

アットドラッグ

アットドラッグで購入

4670

¥3670

(¥1,000)

薬蔵(クスリグラ)

なし

-

-

( - )

お薬ボックス

なし

-

-

( - )

この情報は 2017年1月25日 に調査したデータです。 購入される場合は、各サイトでお値段のご確認をお願い致します。

クロミッド・ジェネリック50mg[Clomid]について

クロミッド・ジェネリックは有効成分クロミフェンのはたらきで排卵をおこす排卵誘発剤です。不妊症に悩む女性の7割で妊娠したという効果の高い薬です。排卵誘発剤は本来は排卵のない方に使用されますが、正常に排卵している方にも効果があり、妊娠率を上昇させます。クロミッド・ジェネリックは脳に働きかけて性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン)の分泌を増やします。その結果卵胞が大きく育ち、排卵を起こします。自然な排卵では1個しか排卵しませんが、くろみっど・ジェネリックを使用すると排卵数が2~4個に増えます。また、排卵させる時期によって卵子の成熟度を調整できるので卵子の質が改善します。月経不順や無排卵の改善します。クロミッド・ジェネリックは男性にも応用できます。男性では、性腺刺激ホルモンは睾丸に作用します。その結果男性ホルモンの分泌がよくなり、精子形成が促進されます。不妊症の治療では、自然排卵周期で排卵日にタイミングを合わせて性交渉し、それでも妊娠しない場合にクロミフェンを用います。クロミフェンを使っても1年以上妊娠しない場合は他の治療にすすみます。1年以上服用しても効果がなければ、他の治療を試してください。

服用方法・使用方法

月経が始まってから5日後から、クロミッド・ジェネリックの服用を始めてください。1日1回1錠を5日間続けてください。内服が終わってから7日目(最後の月経が始まってから17日目)くらいに排卵します。排卵日の4日前~4日後に性交渉すると妊娠するといわれていますが、排卵日の2日前を排卵日前日に妊娠率が最も高くなります。妊娠率が最も高い時期でも、一回の性交渉で確実に妊娠できるわけではなく、性交渉の回数が多ければ多いほど妊娠の確率が上がります。効果がみられないときは、2錠~3錠に増やしてください。

効果効能

女性ホルモン剤として排卵を誘発する作用があります。不妊治療や妊娠率上昇効果が期待できます。

副作用

乳がんや子宮内膜癌、卵巣腫瘍がある方は絶対に使用しないでください。肝障害がある方も使用できません。妊娠したら服用しないでください。クロミッド・ジェネリックを服用していると、頭痛や吐き気、ほてりが生じることがあります。排卵後に卵巣が腫れてお腹が痛くなったり張ったりすることがあります。

間違えワード

クロミドジェネリック、クロミトジェネリック

クロミッド・ジェネリック50mg[Clomid]の口コミ・評判!

このページの先頭へ

このページの先頭へ