薬局や市販で販売しているニキビ薬より効果のあるニキビ薬ランキング

ニキビに悩む女性

 

10代の思春期の頃になると体の成長に必要な物質が分泌され体が大きくなります。その中には悪影響をおよぼす物質もあり、そのひとつが皮脂などの分泌です。

 

皮脂が過剰に分泌されてしまうと毛穴がつまりニキビとなります。特に思春期は皮脂の分泌が盛んなため、20歳ころまではニキビができやすいといえます。

 

大人になってもニキビはできます。ホルモンのバランスが乱れることで皮脂の分泌量が増加するので、ストレスや睡眠不足はホルモンバランスが乱れる原因になります。女性の場合は生理周期に合わせてニキビができやすく、化粧による毛穴のつまりもニキビの原因にもなります。

 

一時的なものであればよいですが、常にニキビができている人にはとても辛く、精神的にも影響を与えていると思います。いろいろと市販の治療薬や治療方法を試されていると思います。また、皮脂の分泌以外にも皮膚の炎症や菌の増殖、スキンケアを怠るなどもニキビの原因となります。

 

このページでは通販で人気の医薬品であるニキビ治療薬をランキングで紹介したいと思います。今後の治療の参考にしていただければと思います。

 

>ニキビ薬とは?

>薬局や市販で販売しているニキビ薬との違い

>ニキビの種類とニキビ薬の種類

>ニキビ薬比較ランキング

 

ニキビ薬とは?

ニキビ薬とは?

ニキビの原因は皮脂が毛穴に詰まっておこることとなりますが、その他にも原因はさまざまです。皮脂以外にも角質がたまる、皮膚が炎症を起こしている、菌が繁殖しているなどもあります。このニキビの症状ごとに使用するニキビ薬は異なります。単にいいからと言われて使用するのではなく、自分のニキビの原因は何なのか?どんなニキビの種類が症状として出ているかなどを判断することが大切です。

ニキビ治療薬には従来からのニキビに直接塗布する外用薬と錠剤などを経口服用する内服薬などがあります。

 

薬局や市販で販売しているニキビ薬との違い

病院と医者

ニキビ治療薬は病院で処方される医療用の医薬品から薬局で購入できる第1種医薬品~第3種医薬品、薬局以外でも購入できる医薬部外品のものなどがあります。

 

一般的に購入しやすいということは副作用が少なく安全に使用できることになります。しかし、副作用のリスクが小さい分効果は弱いといえます。逆に病院などで処方するような一般的に購入できないものは、副作用のリスクは高くなりますがその分治療には効果が高いと言えます。

 

もし、市販薬で使用しても効果がなかった場合には、より効果の高い医療用医薬品などを使用することがおすすめとなりますが、しっかりと使用用法を守ることが必要です。

 

ニキビの種類とニキビ薬の種類

お肌に浸透する成分

ニキビは原因や症状により種類が異なります。また、ニキビの種類によって使用する治療薬も異なることになります。それぞれどんなニキビにどんな治療薬がよいかまとめてみました。

 

初期ニキビ(微小面皰)

まだニキビとして肉眼では確認できない状態を指します。毛穴が硬くなってきて内部に皮脂がたまりやすい状態といえます。確認ができないため、基本的なスキンケアで皮膚の乾燥を防ぎましょう。

 

白ニキビ(閉鎖面皰)

角栓などにより毛穴が塞がり内部に皮脂がたまり始めた状態です。肉眼でニキビと判断することができ一番頻繁に出やすいニキビといえます。この段階で治療を開始することで早期治療ができます。皮脂などのバランスを保つためにビタミン剤などを使用します。また、市販に治療薬でも十分に治療をすることが可能です。病院では専用の器具を用いて中の皮脂を抜くことをおこないます。女性の場合はホルモン剤なども使用できます。

 

黒ニキビ(開放面皰)

白ニキビから中の皮脂が表皮に出たことで酸化して黒くなった状態のニキビです。まだ炎症を伴っていないニキビなので白ニキビと同様の治療方法を行います。また、ベンゾイルを成分にもつものや皮膚の角化を防ぐアダパレンを成分に持つものが早期治療に効果的です。

 

赤ニキビ(赤色丘疹)

炎症がおこってしまった状態のニキビです。ニキビ跡が残る可能性があるためきちんとした治療が必要となります。クリンダマイシンなどの抗生物質を外用薬などを使用します。病院では内服薬の抗生物質なども使用することもあります。

 

黄ニキビ(膿疱)

赤ニキビがさらに悪化し膿を持ってしまうと黄ニキビへとなってしまいます。赤ニキビよりもニキビ跡になる可能性が高く治療が長引く可能性があります。クリンダマイシンや長期化する可能性がある場合はイソトレチノインを使用することもあります。

 

紫ニキビ(嚢腫)

膿と血が混ざった状態のニキビで、ニキビ跡になる確率が高い状態です。一番重症度の高いニキビとなります。イソトレチノインなどは欧米での重症ニキビの第一選択薬となっております。イソトレチノインは使用方法や副作用がありますので注意が必要です。

 

ニキビ跡

皮膚の再生を促すトレチノインなどを使用し皮膚のターンオーバーを活性かさせます。トレチノインはニキビ跡だけではなく、シミや小じわ、ニキビ自体にも効果があるので白ニキビや黒ニキビなどにも効果的です。胎児に影響を与える成分のため、妊娠を考えている方は使用しないようにしましょう。

 

ニキビ薬比較ランキング

 

 

    •  トレティヴァ40mg[Tretiva]

      トレティヴァ40mg[Tretiva]

      重症ニキビに使用するイソトレチノインを主成分にしたニキビ薬です。5か月ほどを1クールとして継続的に服用します。ニキビの再発も防ぐことができるので、欧米では重症ニキビの第一選択薬となっております。

      「トレティヴァ40mg[Tretiva]」の詳細を見る

 

    •  レチノA0.05%[Retinoa]

      レチノA0.05%[Retinoa]

      皮膚のターンオーバーを活性化するトレチノインを配合した外用薬です。ニキビ跡の治療だけでなく、シミやシワ、ニキビ自体にも効果があるので適用範囲が広いです。妊娠を考えている方や妊娠中の方などは使用できません。

      「レチノA0.05%[Retinoa]」の詳細を見る

 

    • トレティヴァ10mg[Tretiva]

      トレティヴァ10mg[Tretiva]

      2位のトレティヴァの低含量タイプです。トレティヴァはアキュテインのジェネリックですので薬剤価格が安いのが魅力です。副作用があるので低含量で身体に合うか確認する方が低含量を選ばれております。

      「トレティヴァ10mg[Tretiva]」の詳細を見る

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ