ミノキシジル(ミノタブ)ランキング!フィンペシア併用で効果倍増?

AGA治療薬の有効成分のひとつであるミノキシジルの登場で、日本の薄毛の治療に大きな光を生み出しました。それまでは頭皮環境を整えることが目的の育毛剤などとなっており、発毛自体があるものはありませんでした。

 

ミノキシジルを使用したものがテレビCMなどで有名なリアップです。1999年に登場したリアップは同時期に登場したバイアグラと一緒に生活改善薬として一躍注目を浴びました。

リアップX5

それから15年以上経過した現在ではどんなミノキシジルを使用したものがあるのでしょうか?ミノキシジルの効果と合わせて人気ランキングとともに紹介していきます。

 

>ミノキシジルとは?

>ミノキシジルの使用方法、服用方法は医薬品の種類によって様々です。

>ミノキシジルのリスクを解説!危険性はある?

>ミノキシジル比較ランキング

 

ミノキシジルとは?

細胞が活性化

ミノキシジルは1960年代にはファイザー社が内服薬の高血圧の治療薬として使用されていました。しかし、脱毛症の改善に効果があることが後にわかり、1980年代に脱毛症の治療薬として頭に直接塗布する外用薬として2%のミノキシジル成分のロゲインを販売しました。その後、ミノキシジル成分は1999年に日本に上陸し、大正製薬が外用薬リアップとして販売し始めました。

 

ミノキシジル成分は髪の毛の毛包に直接伝わり、毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化させることで発毛を促しAGAを治療します。発毛効果があるのはミノキシジルだけであり、AGA治療薬の成分であるフィナステリドは脱毛作用を抑制させ、本来のヘアサイクルに戻すもので発毛には作用しません。

 

日本で認可されているのは外用薬のみであり、内服薬の認可はされておりませんが、頭皮からミノキシジルの成分を吸収させるよりも、内服薬として体内から吸収させたほうが発毛効果は高いため、海外では内服薬のミノキシジルタブレットが多数製品として存在しております。

 

ミノキシジルの使用方法、服用方法は医薬品の種類によって様々です。

錠剤の種類

スプレータイプ

ミノキシジルを成分にもつ医薬品は外用薬と内服薬であるミノキシジルタブレット(ミノタブ)とに分かれます。

 

外用薬の使用方法

外用薬の使用方法では、気になる頭皮に直接塗布することになります。マッサージをするように中央から外側へ擦り込みように行います。頭皮が不潔な状態で行うのではなく、しっかりと洗髪し乾かした後に行います。朝と晩の2回行うことが良いです。寝る前には成分が浸透し乾いた状態で寝るようにしましょう。

 

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の場合

ミノタブの場合は1日1回服用します。5mgのタイプと10mgのタイプがあります。高血圧の治療には10mgなどを使用することもあるそうですが、AGA治療に使用する場合は10mgでは高含量過ぎるので、2.5mg~5mgで使用します。高含量になれば薄毛効果も高くなる可能性はありますが、それよりも副作用ぼリスクのほうが大きくなるので注意しましょう。

 

長期間使用とフィナステリドとの併用

外用薬もミノタブもどちらも長期間使用することを意識しましょう。髪の毛の発毛には時間が掛かります。最低でも3か月~半年間は使用するようにしましょう。もし、それでもあまり効果を得られない場合は、含量を上げるのではなく、同じAGA治療薬のフィナステリドを成分とするプロペシアやプロペシアジェネリックと併用しましょう。

 

ミノキシジルのリスクを解説!危険性はある?

どんな薬?

ミノキシジルの成分は医薬品になります。医薬品は目的の治療に適している反面、副作用を伴うものです。薬=リスクと言われるようにどの医薬品にも該当します。薬局で購入できる医薬品はその中でも比較的副作用が少ないものとなっております。ミノキシジルの外用薬であるリアップは一般医薬品となるため薬局やドラッグストアで購入することが可能です。そのためミノキシジルの外用薬は比較的副作用が少ないものとなります。

 

外用薬の副作用

外用薬の宿命である、頭皮の発疹やかゆみ、などがあります。多様に使用しすぎると頭痛やめまい、手足のむくみなどがあります。

 

ミノタブの副作用

内服薬であるミノタブの場合は日本で認可されていないこともあり副作用が強く発症する場合もありますので注意が必要です。外用薬では薄毛の箇所に塗布することができましたが、ミノタブではピンポイントに治療できないため、頭髪だけでなく体毛も濃くなります。また、元々の高血圧の治療薬ですので血圧を下げる効果があり低血圧となる可能性もあります。それにより動悸や胸の痛みを伴うこともあります。特に持病のある方やお薬を服用している方は副作用が強くあらわれることもありますので注意が必要です。

 

ミノキシジル比較ランキング

 

    •  ロニタブ10mg[Lonitab]

      ロニタブ10mg[Lonitab]

      効果の高いミノタブが1位となりました。含量も高めのタイプなので、通常使用であれば錠剤を割る必要があります。外用薬よりもミノタブのほうが効果が高いこともあり1位の要因となっております。

      「ロニタブ10mg[Lonitab]」の詳細を見る

 

    •  ウゲイン10mg[UGAINE]

      ウゲイン10mg[UGAINE]

      続いてもミノタブのウゲインとなります。こちらも高含量の10mgタイプとなります。ミノタブでは人気の商品でインドのサバメディカ社がメーカーとなります。

      「ウゲイン10mg[UGAINE]」の詳細を見る

 

    •  ツゲイン2%[Tugain]

      ツゲイン2%[Tugain]

      外用薬タイプのミノキシジルです。2%のため女性の方も使用できるのが人気の要因となっております。また、フィナステリド錠との併用を開始する外用薬としても使用しやすいです。

      「ツゲイン2%[Tugain]」の詳細を見る

 

  • モール・エフ[MORR-F]

    モール・エフ[MORR-F]

    外用タイプのミノキシジルです。ミノキシジル5%とファイナステリドも0.1%含有しているため外用タイプで相乗効果を発現できる商品です。リアップよりも安いのがうれしいですね。

    「モール・エフ[MORR-F]」の詳細を見る

     

  •  ロニタブ5mg[Lonitab]

    ロニタブ5mg[Lonitab]

    1位のミノタブの5mgの低含量タイプは初めてのミノタブ使用者が購入するものとなっております。今までのお薬では効果のなかった人たちには内服タイプのミノタブが救ってくれることでしょう。

    「ロニタブ5mg[Lonitab]」の詳細を見る

 

 

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ