AGA治療薬比較ランキング!育毛・発毛・脱毛に効果のある薬はどれ?

リアップX5

 

21世紀に入る直前の1999年は日本にとって大きく変わる年でした。特に医療現場では夢の薬バイアグラが日本に上陸し一躍ブームとなりました。また、ミノキシジルを成分に持つAGA治療薬リアップの登場も生活改善薬が注目を浴びることとなりました。

 

現在AGA治療薬の成分はミノキシジルとフィナステリドが一般的となっており、発毛剤・育毛剤として日本でも認可されております。ミノキシジルはリアップの成分で日本では外用薬での使用のみ認可されております。他方、フィナステリドはプロペシアという商品名の内服薬として認可されており、2015年には特許が満了となったため、日本製プロペシアジェネリックも登場しております。

 

AGAの治療には短期間で効果はなく、長期間継続することが必要となります。そのため、経済的負担が大きく影響を与えるので、できるだけ使用する治療薬は安いことにこしたことはありません。このページでは安く購入する方法やAGA治療薬の効果、人気AGA治療薬ランキングなどを紹介していきます。

 

女性の方も使用でき効果のあるものも紹介したいと思います。

喜ぶ女性

>AGA治療薬とは?通販や個人輸入で購入可能なの?

>AGA治療薬を使用してからどれ位で効果は出始めるの?

>AGA治療薬の正しい使用方法とは?間違った使用方法はある?

>AGA治療薬比較ランキング

 

AGA治療薬とは?通販や個人輸入で購入可能なの?

パソコンのエンターキー

「お医者さんに相談だ!」って一昔前にテレビのCMで流れていましたね。薬局で育毛剤を購入していた時代から病院で治療できる時代へと変化していきましたが、今では通販で購入することも可能となっております。

 

輸入が規制されている薬物等でなければ、自分のために使用する場合、一定量以内であれば税関の確認を受けたうえで輸入することが可能となっております。AGA治療薬の成分であるミノキシジルやフィナステリドは規制されている薬物等には該当しないため、通販サイトを通して個人輸入することが可能となります。

 

ミノキシジル

元々高血圧の内服薬として使用されておりましたが、低濃度で薄毛に効果があることがわかり日本では外用薬としてリアップが発売されております。内服薬では認可されておりませんが、指定薬物ではないため個人輸入することが可能です。毛を産生する毛包に直接働きかけることで、毛乳頭や細胞や毛母細胞を活性化させ発毛を促進させます。

 

フィナステリド

薄毛の原因であるDHTを生成するために必要な2型5-α還元酵素を阻害しDHTを抑制させることで髪の毛の成長サイクルを正常に戻す効果があります。内服薬として使用され、病院などでも処方されております。2015年には製品となるプロペシアの特許が満了となったため、各種ジェネリック医薬品も存在しております。

 

AGA治療薬を使用してからどれ位で効果は出始めるの?

髪の毛って毎日切りませんよね。髪の毛が伸びたと思って美容院へ行くのも月に1回行けばいいほうだと思います。髪の毛の伸びるスピードはおよそ1か月で1cmととても遅いです。

 

そのため、AGA治療薬を使用しても発毛剤・育毛剤として効果を感じるまでには時間がかかり、一般的には3か月~6か月ほどで効果を感じ始めます。内服薬フィナステリドを使用した場合、98%の方に現状維持以上の効果があり、国内臨床試験では、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年で78%の方が髪の毛が増え、質も太く長くなったという報告があります。

 

他方、ミノキシジルに代表されるリアップの場合、4か月使用したあたりから中程度の改善効果がみられ、1年後には60%以上の人が中程度の改善効果がみられ、薄毛であった場所の密度が薄毛でなかった場所の密度と遜色ないほどの効果は10%ほどみられるほどの効果があった報告があります。

 

AGA治療薬の正しい使用方法とは?間違った使用方法はある?

注意

継続的に使用すること

上記に記載したように、AGAの治療には即効性はなく継続的に使用することが一番重要です。一度に多量に使用しても効果はなく、逆に副作用などを起こす可能性が高まりますので止めておきましょう。

 

フィナステリドは成人男性のみの使用となります

プロペシアなどの成分であるフィナステリドは抗アンドロゲン薬となり、男性ホルモンに作用します。そのため、未成年の男性や女性は使用できません。薬剤に触ることもよくありませんので小さいお子さんなどがいる方などは取扱いにも注意しましょう。成人男性の使用中の献血は成分が血液に残るため、使用注意1か月以上経過してから行いましょう。

 

ミノキシジルは女性でも適用します

リアップなどの成分となるミノキシジルは女性の薄毛のひとつであるFAGAにも効果があり、発毛剤・育毛剤として使用できます。女性の場合は含まれる濃度が低くても充分な効果が得られることが多いので、外用薬でも2%以下の低濃度のタイプで使用しましょう。外用薬では頭をマッサージするように塗布することで毛包に浸透し発毛を促進させることができます。

 

ミノキシジルの内服タイプは副作用にも注意

日本では認可されておりませんが、ミノキシジルには外用薬だけではなく内服薬のタブレットタイプもあります(ミノキシジルタブレット)。体内から成分を吸収できるため、外用薬よりも発毛効果が高いです。しかし、その分副作用にも注意しましょう。外用薬では薄毛の箇所にピンポイントに塗布することができますが、内服薬ではそれができません。つまり、体毛にも影響を与えることがあるのです。多毛症と全身の体毛も濃くなることがあります。また、元々高血圧治療薬ですので、血圧が下がる作用があります。高血圧治療薬と併用すると血圧が一気に下がる可能性もあるので注意しましょう。

 

併用で相乗効果があります

ミノキシジルとフィナステリドでは作用機序が違うため併用して使用することができます。発毛効果の改善があまりみられない方などは、成分量を増加するのではなく、ミノキシジルとフィナステリドを併用して使用することを行いましょう。まずはミノキシジル5%外用薬とフィナステリド1mgなどがよいでしょう。

 

>AGA治療薬比較ランキング

人気のAGA治療薬をランキンにしました。価格の安さや効果の高いものが人気となっております。

 

    •  フィンペシア1mg[Finpecia]

      フィンペシア1mg[Finpecia]

      プロペシアのジェネリック医薬品となるため価格が安いことも人気の要因となります。製造するインドの製薬会社のシプラ社はインドの医薬品ランキングでも5位に入る大手の製薬会社です。

      「フィンペシア1mg[Finpecia]」の詳細を見る

       

    •  プロペシア1mg[Propecia]

      プロペシア1mg[Propecia]

      本家プロペシアも人気があります。1位のフィンペシアに比べると価格は高いですが、新薬としての認知度や安定度から根強い人気があります。

      「プロペシア1mg[Propecia]」の詳細を見る

 

  •  ロニタブ10mg[Lonitab]

    ロニタブ10mg[Lonitab]

    ミノキシジルタブレットであるロニタブも人気があります。外用薬からの転換の人たちが多いようです。AGA治療の経験がある程度ある方たちが使用しております。

    「ロニタブ10mg[Lonitab]」の詳細を見る

     

  • フィンカー5mg[Fincar]

    フィンカー5mg[Fincar]

    フィナステリドの高含量タイプのフィンカー5mgです。1mgで効果が弱かった人からの変換で使用されております。1位のフィンペシアと同じシプラ社が製造しております。錠剤を割って使用する方は薬剤の管理に十分注意しましょう。

    「フィンカー5mg[Fincar]」の詳細を見る

     

  •  フィナステリド1mg[Finasteride]

    フィナステリド1mg[Finasteride]

    1位のフィンペシアに比べると価格は高いですが、それでもプロペシアよりは安いプロペシアジェネリックとなります。1980年に設立されたインドでは老舗の製薬会社ハブ・ファーマが製造しており、脂肪吸収用製材のジェネリックなども手掛けております。

    「フィナステリド1mg[Finasteride]」の詳細を見る

     

  • 女性にはこちら ツゲイン2%[Tugain]

ツゲイン2%[Tugain]

女性で薄毛に悩んでいる方に人気なのがこのツゲイン2%です。年齢とともに髪の毛が細くなる女性のFAGAにも使用することができます。

「ツゲイン2%[Tugain]」の詳細を見る

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ