妊娠回避率が高い避妊薬・ピルはどれ?避妊薬・ピルの比較ランキング

男女

 

人は愛情表現のひとつとしてSEXを行います。そのため、倫理的な面や経済的理由、体への負担など、妊娠を望まない場合でもSEXは必要な行為であります。しかし、避妊をする行為を行わなければ妊娠をする確率は上がり望まない妊娠となってしまいます。

 

自身にとってもパートナーにとっても計画的にSEXを行うためには避妊を行うことはとても重要です。オリンピックの選手村でも避妊具のひとつであるコンドームを無料配布をするなど社会的にみても必要な行為でありますが、コンドームで必ず避妊できるものでもありません。また、避妊方法はコンドーム以外にも存在します。

 

このページでは避妊方法である避妊薬・ピルについて紹介していきます。コンドームは男性側に頼ることになりますが、避妊薬・ピルは女性自身で行える避妊方法です。人気の避妊薬もランキングで紹介しておりますので参考にしてみてください。

 

>避妊薬・ピルとは?

>避妊薬・ピルの詳しい使用方法

>避妊薬・ピルは病院の処方よりも通販が安いって本当?

>避妊薬・ピル比較ランキング

 

避妊薬・ピルとは?

薬とは?

避妊薬・ピルは女性ホルモンを成分にする経口薬となります。配合する女性ホルモンの種類や含量により種類も豊富で効果も変わります。一般的には継続的に服用して避妊効果を上げる低用量ピルと、コンドームなどの避妊を失敗したときに緊急用に服用する緊急避妊薬にわかれます。また、新しい成分が登場した時期により第一世代~第四世代と分類されております。

 

低用量ピル

女性ホルモンを低用量配合することで副作用を軽減したタイプのピルとなります。副作用が少ないため安心して服用することができますが、毎日継続的に服用しなければならない点がデメリットといえます。正しく服用すれば100%に近い避妊効果があります。また、避妊効果以外にも生理痛の軽減や子宮内膜症など女性疾病の抑制にも期待ができるのもうれしいですね。

 

緊急避妊薬

避妊に失敗した性行為後に服用するのが緊急避妊薬です。低用量ピルとは女性ホルモンの配合が違うため、1回~2回服用するだけで避妊効果を発現します。性行為の終わった後の翌朝に服用するということでモーニングアフターピルとも言われます。ただし、低用量ピルよりも体に負担が掛かりやすいので、連続避妊には向きません。緊急用のストック薬として常備しておくことでも気持ち的に安心しますね。

 

避妊薬・ピルの詳しい使用方法

避妊薬・ピルは避妊効果が高いものではありますが、正しい服用方法を行わないと避妊の効果が下がってしまいます。せっかくピルを服用しているのに妊娠してしまった!なんてならないように正しい服用方法を知ることが重要です。使用する種類や商品によって異なりますが、一般的には以下のような感じになります。

 

低用量ピル

 

生理初日を服用開始日として21日間or28日間、毎日1回1錠服用していきます。28日服用するタイプの後半1週間は飲み忘れ防止のための偽薬となります。二相性や三相性といった1錠ごとに成分の配合量を変えたタイプのものは、服用する日も決められているので順番通りに服用することが必要です。避妊効果は服用開始から8日目以降とされております。できるだけ同じ時間に服用することで飲む忘れ防止になります。24時間以上飲み忘れた場合は避妊効果が低減してしまう可能性がありますので飲み忘れには注意しましょう。

低用量ピルは毎日服用することで排卵を抑えることになり避妊効果を発現します。人は妊娠すると妊娠中には新たに妊娠することはありません。低用量ピルを服用することで体を疑似妊娠状態にし妊娠を防ぐものとなります。

 

緊急避妊薬

避妊に失敗した性行為後72時間以内に服用することで避妊効果を発現します。1回のみ服用するタイプと、1回服用後12時間後にもう一度服用するものがあります。72時間以内での服用も早い服用のほうが避妊効果は上がり、72時間以降でも避妊効果はありますが、遅くなるほど避妊効果は下がります。

 

服用後24時間以内に、吐き気や頭痛などの副作用を感じることが多いですが、1日以上経過することで治まっていきます。緊急避妊薬では精子が着床することを防ぐことで妊娠を回避します。

 

避妊薬・ピルは病院の処方よりも通販が安いって本当?

お買い得品を見つけた女性

避妊薬・ピルを病院で処方してもらう場合、自由診療となります。月経困難症などの場合は保険適用される製品もありますが、自由診療であるため病院ごとで価格も違います。また、薬剤価格だけでなく診察料も必要となるためより高くなってしまいます。

 

一方、通販での購入の場合は薬剤価格以外に掛かる費用は送料のみです。一定以上で送料無料などもあるので病院の診察料よりも負担は小さいといえるでしょう。

 

また、緊急避妊薬を病院で処方してもらう場合は1万円以上することがほとんどでとても高額です。緊急性が必要であるため、高くでも購入するということで価格が高騰してしまうのでしょう。しかし、通販では5,000円以下で購入できます。通販の場合、海外便であるため1週間以上は配達に時間が掛かると思います。事前に常備薬としてストックすることで、望まない妊娠とお金を守ることになります。

 

避妊薬・ピル比較ランキング

 

    •  トリキュラー[Triquilar]

      トリキュラー[Triquilar]

      第2世代の代表といえるのがこのトリキュラーです。新しい世代のピルが登場する中、今でも人気のある低用量ピルとなります。トキュラーは三相性ピルとなりますので副作用を低減させるために成分の配合を3種類に変えております。服用する順番が決まっておりますので順番を間違えないように服用しましょう。

       

      「トリキュラー[Triquilar]」の詳細を見る

 

    •  アイピル1.5mg[I-pill]

      アイピル1.5mg[I-pill]

      アイピルは緊急避妊薬になります。避妊を失敗した性行為後に服用することで妊娠を回避することが可能となります。もしものときのためにみなさんストック薬として事前に購入しております。

      「アイピル1.5mg[I-pill]」の詳細を見る

 

    •  ヤスミン3mg/0.3mg[Yasmin]

      ヤスミン3mg/0.3mg[Yasmin]

      ヤスミンは一番新しい第4世代のピルとなります。主要な成分はエチニルエストラジオールという合成卵胞ホルモンとドロスピレノンという黄体ホルモンになります。超低用量ピルとなりホルモンバランスの変化による体重の変化などが少ないと言われております。

       

      「ヤスミン3mg/0.3mg[Yasmin]」の詳細を見る

 

    • オブラルL0.15mg/0.03mg[Ovrall]

      オブラルL0.15mg/0.03mg[Ovrall]

      1位のトリキュラーと同じ第2世代のピルとなるオブラルLです。主要な成分はエチニルエストラジオールという合成卵胞ホルモンとレボノルゲストレルという黄体ホルモンを使用しております。本格的な低用量ピルとなったのがこの第2世代のピルからとなっております。

       

      「オブラルL0.15mg/0.03mg[Ovrall]」の詳細を見る

 

  •  ダイアン35 2mg/0.035mg[Diane35]

    ダイアン35 2mg/0.035mg[Diane35]

    第3世代の低用量ピルとなります。一相性ピルのため薬の管理が楽なタイプとなっております。主要な成分はエチニルエストラジオールという合成卵胞ホルモンと抗アンドロゲン薬の酢酸シプロテロンを配合しております。

     

    「ダイアン35 2mg/0.035mg[Diane35]」の詳細を見る

 

 

 

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ