激やせ出来るのはどのダイエット治療薬?ダイエット薬比較ランキング

 

体重計に乗る女性

 

ダイエット・・・いかに効率よく痩せられるかは永遠の課題ですよね。テレビや雑誌でもさまざまなダイエット法が紹介されており、紹介されたダイエット法をひたすらチャレンジしてみる。けど痩せない。

 

ダイエットを行う=太っているとすると、太っている原因は栄養の摂り過ぎということになります。人間は食べることで栄養を補い活動を継続できます。しかし、活動に必要な分以上に栄養を摂取してしまうと体内に蓄積されてしまいます。三大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質などは必要不可欠な栄養素ですが、脂質や糖質などは摂りすぎると脂肪として蓄積され体重増加の原因にもなります。

 

つまり、太る原因である糖質や脂質の過剰摂取の抑制、若しくは運動など活動量を上げて消費エネルギーを上げることがダイエットに繋がるということになり、痩せたい方などは、食事制限や運動を行うダイエット法を実施していることになります。今流行の糖質制限もそのひとつとなります。

 

しかし、ダイエットは今までの自分の生活を変えることになりますのでとても大変と言えます。できるだけ楽に痩せられる方法はないのか・・・そんな中楽に痩せれる方法として注目なのが、ダイエット薬です。

 

ダイエット薬は医薬品のため効果が高いです。今回はそのダイエット薬について紹介したいと思います。

ウエストを測る女性

 

 

>ダイエット薬とは?

>ダイエット薬って本当に効果あるの?

>ダイエット薬を服用してからどれ位で痩せられる?

>ダイエット薬比較ランキング

 

ダイエット薬とは?

食事は薬

ダイエット薬は体の機能を改善させるお薬で医薬品となります。そのため効果が実証されていることで病院やクリニックなどで使用もされております。主な成分として作用機序の違う数種類の成分があります。

 

オルリスタット

オルリスタットは脂肪吸収抑制剤です。腸内リパーゼに作用し、腸管から吸収される脂肪を阻害し約30%の脂質をそのまま便として排泄させる効果があります。新薬としてゼニカルなどの商品名となっております。

 

フロセミド

フロセミドはループ利尿薬のひとつです。体内の余分な水分を排泄させることで体の浮腫みを抑制させます。代表的な商品でラシックスがあります。

 

マジンドール

マジンドールは食欲抑制薬となります。脳内の神経伝達物質に働きかけ、食欲を抑えます。日本で唯一認められている食欲抑制剤です。強そうな名前に負けない効果があり、習慣性医薬品に指定されております。新薬としてサノレックスの商品名で販売されています。

 

シブトラミン

シブトラミンも食欲抑制薬となります。2007年にエーザイが承認を申請したが却下されております。こちらもマジンドールと同様に脳内の神経伝達物質に働きかけ食欲を抑制させます。海外ではリダクティルという名前で販売されております。

 

ダイエット薬って本当に効果あるの?

外国人女性

マジンドールやシブトラミンは食欲抑制剤となるため、食べるという食欲を抑えることができます。摂取カロリーが抑えられるため効果はありますが、脳内に働きかけるため長期的に使用することができない欠点があります。認可されているマジンドールは、健康保険適用上での使用は3か月となっております。

 

利尿剤であるフロセミドも短期間使用となります。利尿作用により体内の水分を排泄させますので、1kgほどは直ぐに痩せることが可能です。そのため、ダイエットを始めるきっかけとして最初に服用する方や、撮影やデートなどに合わせて服用する方も多いです。

 

脂肪吸収抑制剤のオルリスタットは脂質の吸収を3割カットすることで摂取カロリーを抑制することができます。脂質のカロリーは三大栄養素の中で一番高く1gあたり9kcalとなります。タンパク質や糖質は1gあたり4kcalですので2倍以上のカロリーとなります。その3割の2.7kcalも脂質をカットできるので摂取カロリーを大幅に減らすことができます。特にお肉などの脂っこい食事が好きな方には効果が高いです。

 

ダイエット薬を服用してからどれ位で痩せられる?

一番早く効果が現れるのが利尿剤であるフロセミドです。飲み始めて1~2日ほどで効果を感じることでしょう。しかし、あまり効果を感じない方はそもそも余分な水分がないこともありますので長期服用せずに別の方法を考えましょう。

 

食欲抑制薬も服用することで食べる量が減り総摂取カロリーが減るため1週間もあれば効果を発揮し始めるでしょう。しかし、長期的な服用ができなく、認可されているマジンドールもBMI35以上の肥満の方に適用されるものですので、それ以下の人は長期使用を避けましょう。

 

脂肪吸収抑制剤であるオルリスタットも早い方で1か月もあれば十分な効果を得られます。脂っこい食事が大好きな方には効果は早く訪れます。排泄される便が油っぽくなるのでその便意を調整することができればそれ以外の大きな副作用はないため長期的に使用できます。また、リバウンドも低いことも人気となっております。

 

ダイエット薬比較ランキング

 

 

    •  ラシックス40mg[LASIX]

      ラシックス40mg[LASIX]

      利尿剤であるラシックスです。長期的利用というよりも目的に合わせて使用することが多いようです。むくんだ顔はパートナーにみせられませんよね。

      「ラシックス40mg[LASIX]」の詳細を見る

 

    •  オベリット60mg[OBELIT]

      オベリット60mg[OBELIT]

      1位ビーファットと同じインタスファーマ社が製造する低含量タイプの脂肪吸収抑制剤です。初めて使用する方にはオルリスタットの効果を感じるためにちょうどよい製品となります。こちらもジェネリックですので価格が安いです。

      「オベリット60mg[OBELIT]」の詳細を見る

 

    • オルリガル120mg[Orligal]

      オルリガル120mg[Orligal]

      ゼニカルジェネリックのオルリガルは脂肪の吸収を抑制させることで摂取カロリーを減らします。運動と合わせて服用することでより効果的にカロリーを消費させることができます。

      「オルリガル120mg[Orligal]」の詳細を見る

 

  • 5位 ゼニカル120mg[Xenical]

    ゼニカル120mg[Xenical]

    新薬である脂肪吸収抑制剤のゼニカルです。ジェネリックではありませんが信頼から人気を集めております。今までと同じ食事を行っていても、摂取しているカロリーは抑えられているので、気づいたら痩せていることでしょう。

    「ゼニカル120mg[Xenical]」の詳細を見る

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ