即効で脚痩せダイエットするなら利尿剤を!!効果は?副作用は?

脚痩せにはアルダクトン

突然ですが、こんなお悩みはないですか?

上半身は太っていないのに、下半身が浮腫み太りでゾウみたい。

夕方になると脚がパンパン。

お酒を飲んだ日は、顔がむくみ写真に撮られたくない。

など。。。

そんな時の浮腫み解消法として、身近なところでは半身浴やマッサージなどがあげられます。

確かに、半身浴やマッサージなどでも、少しは浮腫み解消できますが、その場だけ。

しばらくするとすぐにまた浮腫んで太い脚に戻ってしまいます。

浮腫んで太くなった脚を放置すると、どうなるのでしょう。

浮腫んだ部分に脂肪や老廃物が塊になって、セルライトができてしまいます。

そして恐ろしい事に、セルライトは放置すると、どんどんと組織が広がり、その広がった部分が「太い脚」へと成長を遂げるのです。

浮腫みをてっとり早く解消するには内側からのケアが重要

脚痩せにはアルダクトン

そもそも浮腫む原因は生活習慣にあります。

長時間同じ姿勢をしていたり、塩分をとりすぎたりすると、体が水分を多く取り込んでしまうので、体液が増え、 血管内の水分が増えてしまいます。

その後、血管が押し広げられ、毛細血管から水分が染み出します。

それが「浮腫み」です。

そこでおすすめなのが内側からのケア。

脚痩せ・むくみ解消には利尿作用のあるお薬を用いる事です。

利尿剤と聞くと、代表的なラシックスを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ラシックスは、利尿作用が強く、効果は顕著で、服用後、数時間で足が2周り細くなったりするという声を聞きます。

しかし、ナトリウムと一緒に体に必要なカリウムも排出されてしまう為、カリウム欠乏症になる可能性が懸念されました。

次項ではカリウムが排出されずに体にソフトに効く利尿剤のアルダクトンを紹介いたします。

必要なカリウムを排出しないアルダクトン

今回おすすめするのはアルダクトンというお薬です。

アルダクトンは成分がスピロノラクトンで、体の余分な水分を塩分とともにう尿に排出する事により、浮腫みを取り、血圧を下げるお薬です。

利尿剤として、カリウムは排出させない点が特徴です。

またこのお薬は、もともと利尿剤・降圧剤に使われていますが、男性ホルモンを阻害する作用がある事がわかっています。

その為、その作用を利用して、ニキビの原因となる男性ホルモンを抑制し、ニキビを治療します。

つまり、このお薬は利尿剤としてだけでなく、副効用としての美肌になる薬でもあるのです。

アルダクトンを入手するには?

アルダクトンは医薬品の為、医師の処方箋が必要となり、市販では買うことができませんが、個人輸入で買う事ができます。

【アルダクトン100mg[Aldactone]】

アルダクトン100mg[Aldactone]

アルダクトン100mg(Aldactone)は血圧があがるのを防止し、体内の水分をコントロールする効果があります。

むくみ解消や高血圧症に使用したり、AGA治療薬として飲む方もいます。

このページでは通販サイト別の販売価格を比較したり、口コミ情報をまとめて紹介しています。

脚痩せに効果的なアルダクトン100mg[Aldactone]の通販はこちらから

【アルダクトン25mg[Aldactone]】

アルダクトン25mg[Aldactone]

アルダクトン25mg(Aldactone)は血圧があがるのを防ぎ。体内の水分をコントロールします。

主に血圧症、心性浮腫、肝性浮腫、腎性浮腫の緩和やAGA治療薬として使用されています。

このページでは、効果・副作用・使用方法や口コミ情報をまとめています。

浮腫み改善や美肌に導いてくれるアルダクトン25mg[Aldactone]の通販はこちらから

アルダクトンの気になる副作用は?

副作用は一般的に、低血圧、生理不順、乳房痛、発疹などです。

まれに※電解質に異常をきたした時は不整脈は倦怠感、吐き気などが起こる事があります。

その場合はすぐに使用を中止して医師にかかりましょう。

(※電解質の異常とは体内のナトリウムとカリウムが異常値になる事です。その場合、神経や筋肉、意識などに障害が出現します)

まとめ

今年こそはダイエットして細い脚を手に入れたい。

ショートパンツを履きたい。

水着を着こなしたい。

女性の綺麗になりたい願望、特に下半身痩せに関しては、永遠のテーマだと思います。

脚が太い原因はほとんどが浮腫みと言われています。

内側からのケアと外側からのケアで、美脚を手に入れましょう!!

このページの先頭へ

このページの先頭へ