口コミ、体験談で話題の効果がある女性用ホルモン薬比較ランキング

笑顔の女性

女性にとって女性ホルモンはとても重要なものとなります。女性らしい姿や機能を維持するには女性ホルモンが大きく関わっており、妊娠や出産なども女性ホルモンの分泌が欠かせないものとなっております。

 

女性ホルモンは加齢に伴って減少していくのですが、人によって減少の時期や量は違い、早めに減少が始まる方もいれば、一気に減少する方などもおられます。男性も男性ホルモンがあり、加齢によって減少していきますが女性よりも一度に減少する量は少ないです。減少量が多いと体がホルモンバランスを崩し更年期障害などを起こしやすくなるので、男性よりも女性のほうが更年期障害が多くみられます。

 

高齢出産でも元気な赤ちゃんを産んだり美魔女などいつまでも若々しく女性を維持している方が増えてきれおります。そういった方たちは女性ホルモンをしっかりと維持している方なのだと思います。しかし、全員が持って生まれた女性ホルモンだけでは維持できないため、女性ホルモンを増加させるホルモン療法などを行って維持することを行います。ホルモン療法ではホルモンバランスを調整するために女性ホルモン薬を使用します。

 

さまざまな女性疾病の治療にも使用されるので服用する方が増加している女性ホルモン薬をこのページでは紹介したいと思います。通販で人気のランキングも紹介しておりますので、比較検討する参考にしてみてください。

 

>女性用ホルモン薬とは?

>女性用ホルモン薬と男性用ホルモン薬の違い

>女性用ホルモン薬を使用すると何が変わる?

>女性用ホルモン薬比較ランキング

 

女性用ホルモン薬とは?

お薬の種類

女性ホルモン薬とは、女性ホルモンを配合したお薬です。女性ホルモンには主に2種類あり、排卵前に卵胞と子宮内膜の成長を促すために分泌量が促進されたり女性らしい体つきを生成する卵胞ホルモンと、排卵後に子宮内膜を維持するために分泌が増えたり、妊娠の準備をするのが黄体ホルモンとなります。これらを医薬品の成分として人工的に生成し配合しております。

 

月経前症候群や更年期障害、子宮筋腫や子宮ガン、乳がん、不妊治療などに女性用ホルモン薬を服用することにより改善することができます。それぞれ目的によって使用される女性ホルモン薬は異なりますが、体内のホルモンバランスを調整することで使用されます。

 

女性用ホルモン薬と男性用ホルモン薬の違い

男の子と女の子

女性には女性ホルモン、男性には男性ホルモンがあります。そして、女性にも男性ホルモンが男性にも女性ホルモンがわずかですがあります。女性の場合、メインとして女性ホルモンが存在しており、わずかの男性ホルモンとのホルモンバランスを維持することで女性らしい体に成長するとともに最低限必要となる骨格や筋肉の発達などを男性ホルモンが役立っております。男性の女性ホルモンは脂質代謝の制御や動脈硬化抑制などしなやかさを保つ働きがあります。

 

女性ホルモンと男性ホルモンでは相反する作用をすることで、それぞれの性を安定的に保つ働きをします。しかし、メインとなるホルモンの分泌は加齢とともに減少してしまうので、それぞれの性を安定的に保つことができなくなり、体調が優れなくなったりそれぞれの性の役割を行えなくなったりします。そのため、メインとなる女性であれば女性ホルモンを補うことで女性本来の役割を、男性であれば男性ホルモンを補うことで男性本来の役割を維持することができます。逆に男性が女性ホルモン薬を服用することで女性化、女性が男性ホルモンを服用することで男性化も起こります。また、この反作用を利用して男性の前立腺癌の治療に女性ホルモン薬を女性の乳がんの治療に男性ホルモン薬を使用することもあります。

 

女性用ホルモン薬を使用すると何が変わる?

悩む女性

女性ホルモン薬は症状を改善させる目的によって使用するものが変わります。それぞれ症状別にどのような女性ホルモン薬を使用するかまとめてみました。

 

月経前症候群(PMS)

月経前症候群など毎月の生理が安定せず、身体に不調が起こる方が使用するのが経口避妊薬です。卵胞ホルモンと黄体ホルモンが低用量配合されており、継続的に服用することで疑似妊娠状態にすることで体内のホルモン分泌を抑制させます。PMSでは体内での女性ホルモンの分泌が関わっているとされておりますので分泌を抑制することで改善の期待がもてます。

 

更年期障害

体内の女性ホルモンの急激な減少によって起こる更年期障害は女性ホルモン薬によって体外から不足する女性ホルモンを補ってホルモンバランスを調整させます。卵胞ホルモンと黄体ホルモンを体の状態に合わせてどちらを補うのか確認し服用します。更年期障害の症状であるほてりや発汗、イライラや不眠などを抑制させることができます。

 

子宮筋腫・子宮内膜症

月経前症候群と同じように疑似妊娠状態を体内で作り出すことで、子宮内膜の増殖などを抑制させます。経口避妊薬や卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤などが使用されます。

 

不妊治療

不妊治療にも女性ホルモン薬を使用します。排卵に問題がある場合は排卵誘発剤を使用し、精子が着床するのに問題がある場合は、子宮内膜を維持する黄体ホルモンを使用します。

 

乳がん

乳がんを大きくするものとして卵胞ホルモンであるエストロゲンが影響していることがあります。そういった場合は乳がん細胞にあるエストロゲン受容体をブロックする抗エストロゲン剤を使用します。

 

女性用ホルモン薬比較ランキング

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ