ハルシオンは通販できない?!代わりになる薬の種類や価格は?

あなたはハルシオンという睡眠薬についてどのくらい知識を持っていますか?

名前は効いたことあるけど詳しくは知らない方も多いと思います。

以前は処方されて服用してたなんて人もいるかもしれませんが、現在は多くの場合ハルシオン以外が処方されるのがスタンダードなようです。

大学病院ではまず処方されることはないのだそうです。

なぜ処方しない病院が増えたのか?

そもそもハルシオンとはどんな睡眠薬なのか?

ハルシオンが処方されないなら現在は代わりとなる睡眠薬はあるのか?

そんな疑問を解消のお手伝いができればと思います。

ハルシオンの代わりとなる薬

いきなりですがハルシオンは現在では通販で入手することは出来なくなってしまいました。

病院で処方してもらう以外にないのです。

しかし、病院でもハルシオンを処方してくれるところは少なくなってしまいました。

では、現在入手可能なハルシオンの代わりとなる睡眠薬はあるのでしょうか?

答えは「YES」です。

ハルシオンを求める人が現在ハルシオンの代わりとして使用されているお薬にはどんな種類があるのか紹介します。

通販可能なサイトの価格比較もご覧になれますので参考までにぜひ見てみてください。

マイスリー

睡眠薬マイスリー

まず初めに紹介するマイスリーはハルシオンの代わりを求める方からの人気が非常に高い睡眠薬で、現在病院で処方される場合はこのマイスリーをハルシオンの代わりに出されることが多いようです。

ハルシオンと同様に超短期型の睡眠薬で、寝付きの悪い方に向いた睡眠薬で、ハルシオンの代わりにはもってこいです。

ハルシオンの代わりに使用されるお薬の種類としてマイスリーは有名ですが、残念ながら通販で購入することができなくなってしまいました。

⇒その他の睡眠薬・睡眠導入剤を探すならこちら

バスパージェネリック

抗うつ剤バスパージェネリック

バスパージェネリックは睡眠薬ではなく抗うつ・抗不安薬ですが、精神安定作用があり睡眠導入剤としても活用されています。

このバスパージェネリックは「バスパー」という抗うつ・抗不安薬のジェネリック医薬品ですが、現在個人輸入(通販)が禁止となってしまった「デパス」という人気の抗うつ・抗不安薬の代わりとしてバスパージェネリックを用いる方が非常に多くなっています。

ジェネリック医薬品ですので価格も抑えられて手が出しやくなっていると思います。

⇒【バスパージェネリック[Buspon]】の価格比較を見るならこちら

バスピン

抗うつ剤バスピン

バスピンもバスパージェネリックと同様に有効成分がブロスピンのバスパーのジェネリックでデパスの代わりとして用いる方が多い抗うつ薬です。

ジェネリック医薬品であることもバスパージェネリックと同様で、価格が抑えられて経済的なこともバスピンが人気の理由の一つです。

⇒【バスピン[Buspin]】の価格比較を見るならこちら

エチラーム

抗うつ剤エチラーム

エチラームは「デパス」のジェネリック医薬品です。

デパスのジェネリック医薬品ですから、当然人気の種類となるわけです。

エチラームはチエノジアゼピン系のお薬で抗不安作用がありますので、精神安定剤としての効果があり、入眠の手助けをしてくれます。

ここまでくるといかにデパスが人気か、ハルシオンの代わりとして用いられているかがよくわかりますね。

しかし、現在ではデパスやエチラームは購入することができなくなってしまいました。

⇒【エチラーム(デパス・ジェネリック)[Etilaam]】の詳細はこちら

超短期型睡眠薬ハルシオン

睡眠薬ハルシオン

ハルシオンは睡眠薬の中でも「超短期型」と言われるタイプに分類されます。

超短期型の睡眠薬とは簡単に言ってしまえば「すぐ効いてすぐ効果が切れる」のが特徴の睡眠薬です。

ですので、入眠障害の方が寝付くために用いるタイプの睡眠薬になります。

そして、ハルシオンは超短期型の睡眠薬の中でも効き目が強く、よく効くとして人気を博しました。

しかし、その効き目の強さからハルシオンを悪用する人も現れ、主に性犯罪を助長する形となってしまったようです。

これはハルシオンを悪用する人に問題がありますが、結果的にハルシオンは悪用出来てしまうほどの高い即効性を持っていたことを証明する形となりました。

正しい用法用量を守って使用していれば副作用の発現率は高くはないようですが、その効果の強さの分、副作用も強く出やすいタイプの睡眠薬でした。

主な副作用には眩暈やふらつき、頭痛、倦怠感、眠気、一過性健忘といったものが挙げられます。

副作用の最後に挙げた「一過性健忘」とは、ハルシオン(睡眠薬)を服用した時点から寝る前までを記憶してない、あるいは途中で起きてとった行動を記憶していないといった症状です。

副作用に一過性健忘が起きるのはハルシオンがベンゾジアゼピン系の睡眠薬だからです。

そもそもベンゾジアゼピン系の睡眠薬は安全性は高い睡眠薬ですが、ハルシオンのように短期型の睡眠薬には一過性健忘の症状がみられることが多いようです。

ですので寝る直前に服用することが大事となります。

ちなみに余談になりますが、ハルシオンを「ハルジオン」と間違えられる方が意外に多くいらっしゃいます。

間違いに気づかずインターネット検索をして花の画像が出て「???」となるだけですし、間違いのままインターネット検索をしてもヒットすることはありますが、ハルシオンに関する情報量はグッと減ります。

ハルジオンは白い可愛らしい花の名前ですのでお間違いなく。

ハルジオン

ハルシオンの代わりになるお薬紹介まとめ

ハルシオンの代わりになるお薬を数種類紹介させていただきましたがいかがでしたか?

ハルシオンの代わりに選ぶお薬はなにも睡眠薬だけにこだわらなくても良いんです。

うつ病を抱える方には同時に不眠症も抱えている方も少なくありません。

ですので、入眠作用のある抗うつ剤をハルシオンの代わりに選ぶことも選択肢としてアリなのではないでしょうか?

また、ジェネリック医薬品も多く出ていますので、費用を抑えるために価格の低いジェネリック医薬品を選ぶと余計な負担が減ってなお良しです!

あなたに合った種類の睡眠薬・抗うつ剤を見つけてぜひ良質な睡眠を取り戻してください。

このページの先頭へ

このページの先頭へ