花粉症の季節でも目、鼻、くしゃみが辛くなくなる花粉症薬ランキング

寒~い冬が終わった後に訪れる春は気持ちも晴れやかになり清々しい気持ちにもなりますね。そのため、2月、3月は春が待ち遠しくなる頃だと思います。しかし、そんな中、春に向けて気持ちが落ちてしまう方たちもおられます。それが、花粉症です。

 

咳やくしゃみだけでなく、涙や鼻水などがコントロールできない状態となり、顔もくちゃくちゃになってしまい女性の方などは化粧の乱れなども気になってしまいますよね。毎年毎年のことでもううんざりと思っている方がほとんどだと思います。

 

今回はそんな花粉症について今通販で人気の治療薬を中心に比較ランキングを行っておりますので紹介いたします。

 

>花粉症薬とは?

>花粉症の種類

>どうして花粉になる人とならない人がいるの?

>花粉症薬比較ランキング

 

花粉症薬とは?

マスクの女性

花粉症薬の薬剤の形状はさまざまあり、症状全般に効果のある経口薬だけでなく目や鼻に直接効果がある点眼薬や点鼻薬などもあります。目の症状がでる方には点眼薬となる目薬は必須ですよね。また、それぞれの薬剤には違う成分が存在しております。

 

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬は花粉症の治療薬として一般的に使用されるものとなり、経口薬、点眼薬、点鼻薬それぞれあります。20世紀半ばに発見された第一世代と1983年以降に登場した第二世代と別れます。第二世代の抗ヒスタミン薬は眠気が少なく鎮静作用も弱いです。ヒスタミンには血管を拡張させたりする作用があるため、アレルギーの症状を引き起こす元となるため、抗ヒスタミン薬でその働きを抑制させます。

 

メディエーター遊離抑制薬

アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどを発生させないようにするお薬です。即効性はなく効果が現れるのに日数がかかるので花粉症が発症する予防としても使用することができます。点眼薬や点鼻薬としてもあります。

 

抗ロイコトリエン薬

鼻づまりの原因となるロイコトリエンを抑制することで鼻の粘膜の腫れを抑えます。経口薬となり、抗ヒスタミン薬と併用することも可能です。

 

血管収縮薬

鼻の粘膜の血管を収縮させる効果のあるお薬です。点鼻薬として使用します。

 

ステロイド薬

花粉症の症状が強いときに用います。使用することで体内の炎症を抑制させ免疫力を向上させます。ただし、副作用もあるため注意が必要です。経口薬だけではなく、点眼薬や点鼻薬もあります。

 

花粉症の種類

飛び散る花粉

花粉症は日本人の4人に1人が花粉症持ちと言われるほど身近な症状となります。名前の通り植物の花粉が原因で引き起こすものですが、近年ではダニやハウスダストなどのアレルゲンが原因となる通年制アレルギー性鼻炎なども同様な症状で悩まされている人もおられます。

 

花粉症を引き起こす花粉の種類は約60種類とされており、季節ごとに飛ぶ花粉が違うため、症状が出る花粉によって時期が違います。一番多いのがスギやヒノキなどとされておりますが、複数の花粉に反応してしまう方もおられます。

 

一般的な症状は鼻水やくしゃみ、鼻づまりが三大症状と言われますが、目のかゆみや皮膚のかゆみ、また、アレルゲンのある花粉の果物や野菜を食べることで口の中が痒くなったりもします。

 

どうして花粉になる人とならない人がいるの?

コップの水

花粉症はアレルギー反応を起こすことで発症します。アレルギー反応とは、ウイルスなどの体に異物が入ってきたときにこの異物をやっつける免疫反応が過敏に反応してしまったことで起こる症状です。

 

アレルゲンが体内に入ってくると、アレルゲン物質をやっつけるIgE抗体が生成させアレルゲン物質をやっつけます。生成されたIgE抗体は再びアレルゲン物質が侵入してこないように皮膚の粘膜に滞在します。IgE抗体はアレルゲン物質が侵入するたびに生成されてしまうのでやがていっぱいになってしまいます。増えすぎたIgE抗体は攻撃対象をアレルゲンだけに留めることができずに、体内にヒスタミンなどを刺激してしまい花粉症の症状を発症します。

 

よく、コップの水に例えられますが、このIgE抗体がコップに一杯になり溢れだすことで花粉症を引き起こします。人によってIgE抗体の増える量やコップの大きさが違うため発症の時期が異なることになります。一般的にはスギ花粉に対するIgE抗体による発症には20年~30年かかるといわれているため、大人になって花粉症を発症することとなり前触れもなく突然訪れることになります。

 

花粉症薬比較ランキング

 

    •  ジルテック10mg[Zyrtec]

      ジルテック10mg[Zyrtec]

      第二世代抗ヒスタミン薬の代表的なものがこのジルテックです。有効成分のセチリジンはジェネリックなども登場し花粉症の治療に使用されております。

       

      「ジルテック10mg[Zyrtec]」の詳細を見る

 

 

    •  アレグラ180mg[Allegra]

      アレグラ180mg[Allegra]

      アレグラは抗ヒスタミン薬であるフェキソフェナジンを有効成分にもつお薬です。第二世代抗ヒスタミン薬となるので眠気や鎮静作用は抑えられております。

       

      「アレグラ180mg[Allegra]」の詳細を見る

 

    • エリアス5mg[AERIUS]

      エリアス5mg[AERIUS]

      抗ヒスタミン薬であるデスロラタジンを有効成分にもつお薬です。1日1錠で効果を発揮し第二世代抗ヒスタミン薬ですので眠くならないのもうれしい花粉症薬です。

       

      「エリアス5mg[AERIUS]」の詳細を見る

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ