海外医薬品の個人輸入代行業者を見分けるポイント!!

海外の医薬品って少し不安がありますよね?

そんな方の為に、海外の医薬品についてまとめてみました。

「海外の医薬品って安全なの?」

「ジェネリック医薬品って正規品となにが違うの?」

「個人輸入って薬事法に違反してないの?」

など、初めて通販で医薬品を買う方はいろんな不安が出てくると思います。でも、病気になってしまったら薬を飲むしかありません。

世の中には安心して購入できる通販サイトもあれば、ニセモノなどを取り扱っている怪しい販売サイトもあります。

こちらのページではこれらの不安を少しでも取り除くために、個人輸入代行業者に関する情報や海外医薬品について紹介していますので、ぜひ、購入前の参考にしてみてください。

海外の医薬品って安全?

海外医薬品

海外の医薬品は基本的には安全なものがほとんどです。

海外にはいろんな製薬会社が存在します。

・アジャンタファーマ社
・イーライリリー・アンド社
・カンパニー・インタス社
・ファーマシューティカルズ社
・エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社
・サバメディカ・サン・ファーマ社
・サンライズレメディーズ社
・シプラ社
・ジャーマンレメディーズ社
・ジョンソンアンドジョンソン社
・ドクター・レディ(Dr. Reddy’s)社
・バイエル社
・アクツィーエンゲゼルシャフト社
・ファイザー(pfizer)社

もちろん、これら以外にも多くの製薬会社が存在していますが、上記はある程度認知度のある会社ですので、まずは販売会社を見極めるのも重要です。

海外から個人輸入できる医薬品はだいたいがこれらの有名会社が製造販売している正規品・ジェネリック医薬品となります。

ただし、一部では怪しい偽物の医薬品を製造している国もあります。中国などでは明らかに不正に製造しているような工場の写真などもアップされたりしていますので、正規品に似せた錠剤やパッケージなどは気を付けたほうが良いでしょう。

また、販売している通販サイトを見極めるのも重要です。一見普通の通販サイトに見えますが、正規品と比較すると成分が異なっていたり、錠剤の形が違う可能性もありますので、それらには十分に注意しておきましょう。

正規品とジェネリック医薬品の違い

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品に関しては、正規品の後発医薬品と言われています。

最近では日本の薬局でもジェネリックを多く取り扱っていて、認知度も高まっていますが、知らない方の為に簡単に紹介しましょう。

ジェネリックとは前述している通り後発医薬品とされ、その名前の通り、正規品の後に製造販売されているお薬の事を言います。

通常、薬の開発にはそれぞれの会社で成分の研究チームがあり、開発費用にも膨大なお金がかかります。ただ、膨大な費用をかけても後々他の製薬会社から同じ成分を使用したジェネリック医薬品が発売されてしまうのです。

これは、特に違法というわけではなく、正規品の成分には特許期間があり、この期間が終了すると他の製薬会社からも同じ成分を使用して薬を開発することが許されるのです。こうして生まれたお薬がジェネリック医薬品となるのです。成分を開発する費用が掛からない為、販売価格も正規品より安くなっているのですね。

> ジェネリック医薬品を詳しく調べる

海外医薬品のまとめ

ここまでいかがでしたでしょうか?

海外の医薬品に関しては、しっかりと見極めることで問題なく安心・安全に購入することが可能です。

初めて購入する方は、ある程度の知識を備えておかないと偽物を購入してしまう事もありますので、気を付けてください。

最後に、購入前に確認したり、見極めるポイントをまとめてみましょう。

・薬を販売している製薬会社を確認する。

・薬の中に含まれている有効成分を確認する。

・錠剤やパッケージの形を正規品と比較してみる。

・通販サイトをいくつか比較して商品の違いを見つける。

主にこれらを意識して薬を探してみると良いでしょう。

また、商品の詳細や情報も大切ですが、一般の使用者たちの口コミや体験談などを見てみるのも参考になりますので、ぜひ、チェックしてみてください。

このページの先頭へ

このページの先頭へ