最近頭痛がするのは女性の更年期初期症状?薬はプレマリンが効く!!

更年期症状

女性の体は人生の中で、2度大きな変化を迎えると言われています。

1度目は初潮を迎える時期で思春期と呼ばれます。

体型が変わり始め、心も多感になります。

2度目、閉経を迎える時期で更年期と呼ばれます。

体型に変化が生じ、心も敏感になります。

最近では、更年期の事を「オトナ思春期」とも呼ぶそうです。

更年期症状にはどんなものがあるの?

更年期症状

一般的に40代になると、女性ホルモン(主にエストロゲン)の分泌量が減り始め、生殖機能の衰えが始まります。

またエストロゲンの減少に伴い、自律神経のバランスも崩れ、さまざまな症状が出始めます。

これが更年期症状の始まりです。

日本人女性の平均閉経年齢は50歳くらいであり、更年期はその前後5年間くらいの期間になるので45歳~55歳くらいまでになります。

早い人で、40代に入ってすぐに更年期の症状が現れる人もいます。

症状としては以下になります。

【体の症状】

めまい、異常な発汗(ホットフラッシュと言われます)手先や下半身の冷え、肩こり、関節症、不眠、骨粗しょう症、集中力・記憶力の低下など

【心の症状】

イライラ、鬱など

【美容面での症状】

肌の乾燥、コラーゲンの減少によるたるみ、敏感肌、髪の毛が細くなる、髪の毛のこしがなくなる、ボリュームがなくなる、抜け毛など

更年期の初期症状(プレ更年期)とは

プレ更年期という言葉を聞いた事はありますか?

更年期に入る前の準備期間のようなものです。

このプレ更年期に入ると、体に初期症状が現れ始めます。

【初期症状】

・最近頭痛がする事が多い

・お風呂に入るとすぐのぼせ、めまいがする

・汗をたくさんかくようになってきた

・物忘れが多く、日常においてやる気がなくなってきた

・仕事や家事をしていて動悸がする

・寝つきが悪く、寝汗をかき、朝疲れている

・下半身は冷えているのに、上半身が暑い

更年期症状の緩和方法は?

更年期障害の治療には、HRTというホルモン補充療法が用いられます。

HRTに使われるのに多いのが、プレマリンというお薬です。

プレマリンはエストロゲンを主な成分としている経口内服薬で、更年期における不快な症状の改善に働きかけます。

またプレマリンはホルモンを補充する以外にも、女性器の乾燥や、尿モレなどにも効果が期待できるお薬になり、

長期にわたり投与すると、骨量を増加させる事もできます。

またプレマリンは更年期障害の治療以外にも、女性ホルモンの欠乏(例えば、卵巣機能の不全症など)による様々な症状に効果を発揮します。

エストロゲンを増加させる事により、排卵を起きやすくし、子宮内膜を厚くする為、不妊症の治療にも使われています。

【プレマリン】

プレマリン

プレマリン(Premarin)0.625mgは、女性ホルモン薬として卵胞ホルモンを補充する役割があり、月経不順や更年期障害に使用されています。

このページでは通販サイト別の販売価格を比較したり、口コミ情報をまとめて紹介しています。

更年期症状や不妊などの治療に使われるプレマリンの通販はこちらから

プレマリンの気になる副作用は?

ホルモンを投与する事になるので、内服から最初の2~3ヶ月は、副作用として吐き気や、乳房が張りや痛みを感じたり、むくみや体重の増加が起こる事がありますが、体が慣れると、そのような症状も徐々におさまると言われています。

また血管が詰まる「血栓症」や、長期使用した場合には、「乳がん」のリスクが少し高まるとも言われているので、定期的な乳房検診を受ける事をおすすめいたします。

まとめ

更年期症状

女性ホルモン(エストロゲン)は、わたしたちの健康を保つうえで、重大な役割をしてくれている事がわかりました。

更年期症状が訪れる時期については、個人差もありますが、若い時に無理なダイエットをしたり、喫煙や、不規則な生活をした事により、 早まる事もあります。

更年期症状は女性であればほとんどの人が経験すると言われています。

今回紹介したプレマリン通販で安く手に入れる事ができるので、あまり深刻にならずに、お薬をうまく使い、更年期を乗り越えていきましょう!!

このページの先頭へ

このページの先頭へ