気管支喘息や気道を確保する効果がある呼吸器系の医薬品ランキング

咳する男性

人は口や鼻から呼吸によって酸素を肺に取り入れそして二酸化炭素を排出します。この呼吸に関わる器官は呼吸器系と呼ばれ、どこか一つの器官に障害を持ってしまうと満足な呼吸が難しくなってしまいます。呼吸は生命の活動を行うためには必ず行わなければならない活動であるため、障害が起こった場合はしっかりと改善をすることが重要となります。

 

このページでは呼吸器系の医薬品についてまとめております。呼吸器系の医薬品比較ランキングも紹介しておりますので、今後の治療の参考にしてください。

 

>呼吸器系の医薬品とは?

>呼吸器系の医薬品の種類

>呼吸器系って主にどんな症状に使われる事が多い?

>呼吸器系の医薬品比較ランキング

 

呼吸器系の医薬品とは?

マスクをする女性

 

呼吸器系の医薬品の多くは、空気の流れ道となる気道を確保するものとなっております。空気の流れ道となる気道は通常は拡がっており、満足な呼吸を行うことができます。しかし、気管支の疾患などにより、気道が狭くなってしまうと満足な空気を送り込むことができなくなり呼吸困難となり咳を伴うこととなります。

 

気道に不純物が侵入すると咳や痰を出すことで不純物を排出しようとします。しかし、アレルギーや自律神経の異常、感染により気道が炎症を起こしてしまうと気道が狭くなり、より不純物がつまりやすくなり咳や痰がより過剰に出すことをおこないます。そうすることで満足な呼吸がおこなえなくなってしまいます。

 

そんなときに呼吸器系の医薬品では気道を確保するために気道の炎症を抑える治療薬や気道を拡張させる治療薬、鼻づまりなどを解消する治療薬などが存在します。

 

呼吸器系の医薬品の種類

医薬品の種類

呼吸器系の医薬品の種類は治療薬の種類によって異なります。種類として喘息治療薬、鎮咳薬、蘇生薬などに分かれます。

 

喘息治療薬

喘息の治療に使用される喘息治療薬にはステロイド、抗コリン薬、テオフィリン、β2受容体刺激薬などがあります。ステロイドは気道の炎症を抑えることで喘息の症状を抑えます。抗コリン薬は気管支平滑筋の収縮を抑制することで気道が狭くなることを防ぎます。テオフィリンは気管支を拡張させる作用があり、β2受容体刺激薬も気道を拡げる作用をします。

 

鎮咳薬

鎮咳薬は成分によって違いもありますが名前のとおり咳を鎮めるお薬です。呼吸抑制作用があるものもあります。内服薬以外にもトローチやドロップなどのものもあります。

 

蘇生薬

呼吸が低下している状態のときに使用するもののため、一般的な呼吸器系疾患には使用しないものとなります。

 

呼吸器系って主にどんな症状に使われる事が多い?

吸入器

 

 

咳を鎮める鎮咳薬は風邪による単発的な使用などに多く使用されるでしょう。しかし、喘息を患っている方の場合は常に呼吸器系のはたらきに注意することが必要となりますので喘息治療薬も持ち歩いていることが多いと思います。

 

喘息治療薬では吸入器を使用することで喘息の症状を和らげたりもします。吸入器を使用する場合でも長期的に発作を抑制するタイプと発作が起きた時に対処する治療薬とに分かれていたりなどしております。それぞれの症状にあった吸入器の成分を使用することが発作を抑制することとなります。

 

呼吸器系の医薬品比較ランキング

 

 

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ