男性の悩み!!亀頭包皮炎は性病なのか?

悩み

亀頭包皮炎は性病ではありません!!

亀頭包皮炎は、男性器に炎症が起きる病気です。その名の通り亀頭や包皮部分にできた小さな傷から炎症を起こすため、性器の先の方が患部になることがほとんどです。原因菌には黄色ブドウ球菌や大腸菌、カンジダなどがあり、それらが繁殖することで発症します。

症状には痒みや赤みが代表的で、前述の黄色ブドウ球菌などが原因の場合は赤い湿疹のようなものや膿が出ることもあります。一方でカンジダが原因の場合には、垢や薄皮が出てくることがあります。症状から原因菌を予測できるのは、大きな特徴と言えるでしょう。

ただ成人してからの亀頭包皮炎については、ほとんどがカンジダによるものと推測できます。カンジダは女性の膣内に存在する菌ですが、性交渉を通じて女性から貰ってしまうことも珍しくはなく、仮にそのような経験がなくても条件次第でカンジダが繁殖し発症する可能性があります。カンジダはカビの一種ですから、男性器を長時間湿気や蒸れにさらさないよう気を配っておくといいでしょう。

逆に思春期の頃などは自慰行為が原因で細菌を招き入れやすくなっている可能性があり、そこから亀頭包皮炎を発症することも珍しくはありません。男性器を清潔に保つことで随分とリスクを軽減できますから、心掛けておくといいでしょう。

初期の状態であれば、亀頭包皮炎は軟膏や飲み薬で早めに治せます。少しでも男性器に上記のような異常を感じた際には、恥ずかしがらず病院へ行きましょう。

亀頭包皮炎の症状

亀頭包皮炎という病気を知っていますか。ペニスの亀頭や包皮に雑菌が付着することによって生じる病気で、様々な原因があります。

例えば、性行為や亀頭の洗いすぎ、疲れによる免疫力の低下、下着でこすれることで付着してしまうなどといったことが挙げられます。

また、包茎の人の場合は不衛生になりがちなので亀頭包皮炎になりやすいです。亀頭包皮炎の症状は包皮が柔らかい組織となるため、痛みや腫れ、かゆみなどといった症状が挙げられます。症状がひどい場合だと水ぶくれになったりすることもあります。

カビの一種であるカンジタが原因で亀頭包皮炎が起こっている場合は、赤くなったり、周りに白いものが付着したり、かゆみなどが伴うことがあります。

亀頭包皮炎の原因

お風呂に入るときに忘れがちなのが、ペニスをきちんと洗うことです。尿が出るということで不潔なイメージがありますが、きちんと清潔に保っておかないと亀頭包皮炎という病気にかかってしまいます。

亀頭包皮炎になると生活に悪影響が起こります。例えば、亀頭や包皮に痛みが生じてしまったり、かゆみが生じてしまったりします。

場合によっては腫れて水ぶくれになってしまうこともあるので、亀頭包皮炎にならないように注意することが必要です。亀頭包皮炎の原因は様々です。

性感染症のように性行為を行うことによってなってしまうこともありますし、洗うときについつい擦りすぎてなってしまうこともあります。また、疲れによってなることもあるので日頃の健康管理が重要となります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ