眠れない・不眠症の悩みを解決してくれる睡眠薬比較ランキング

花の中で眠る女性

睡眠は人間にとってかかせないものです。人間は寝ているときに最も成長ホルモンを分泌するので、体の免疫力や体調の維持、自律神経の安定など睡眠は重要な位置づけとなります。

 

しかし、どんだけ寝たくても眠れないときがあります。それが何日も続いてしまうとさらに眠れないことが不安になりより眠れなくなって不眠症となってしまいます。一般的に睡眠を改善させるには、

 

同じ時間に起きる

朝日を浴びる

軽い運動を行う

寝る前に不規則なことをしない

 

などがありますが、それでも眠れないときには睡眠を促すためのお薬などを服用しなければいけなくなることもあります。

 

このページではそんな睡眠薬についてや通販で人気の睡眠薬ランキングなどを紹介しております。

 

>睡眠薬とは?

>睡眠薬の種類と特徴

>睡眠薬の正しい飲み方、使用方法

>睡眠薬(睡眠導入剤)比較ランキング

 

睡眠薬とは?

睡眠薬とは?

睡眠薬は脳内などの中枢神経に働きかけ、睡眠時の緊張や不安を取り除きリラックスさせることで不眠症を改善し睡眠に向かわせる医薬品です。化学構造により複数の種類に分類がされておりそれぞれ効果が異なったりもします。

 

睡眠の作用時間により、半減期が4時間以内の超短時間型、10時間以内の短時間型、20時間以内の中間時間型、30時間以上の長時間型などと分類されます。人の1日の睡眠時間は6時間~8時間ほどですので、短時間型までのものが一般的に使用されており、寝つきが悪いだけの方の場合は超短時間などを使用したりします。

砂時計

睡眠薬の多くは依存性が高いものが多く、また依存からの離脱症状を発症も伴ったりするので向精神薬として指定されているものが多いです。向精神薬として指定されているものは通販で購入することはできず、個人輸入をすることはできません。

 

その他副作用として、目覚めの悪さによるふらつきや転倒、服用後の健忘などがあります。睡眠薬は上手に付き合っていくことがとても重要で長期間睡眠薬に頼らないように用法・用量を守って使用していきましょう。文頭で書いた睡眠を改善させることも引き続き行っていきましょう。

 

 

 

睡眠薬の種類と特徴

お薬の種類

睡眠薬は成分によって種類が異なります。ほとんどの睡眠薬の成分は依存性があることにより向精神薬として指定されているため個人輸入が禁止となっておりますが、中には向精神薬として指定されていない成分もあります。

 

バルビツール酸系

最も古い睡眠薬のひとつの成分です。睡眠効果が非常に強く重篤な副作用を伴うこともあります。また、依存性や薬剤の耐性もついてしまうためどんどんと薬剤の量を増やしてしまうことで止められなくなってしまいます。そのため睡眠薬として推奨されておらず、向精神薬として指定されていますので個人輸入をすることもできません。バルビツール酸系にひとつであるベケタミンは平成28年12月31日で販売が終了しております。

 

ベンゾジアゼピン系

安全性が高いため重篤な副作用にはなりにくい系統となります。超短時間型のハルシオンや短時間型のデパス、中時間型のエリミンなどは有名です。日本のクリニックで処方されるのもベンゾジアゼピン系が60%以上となっております。耐性や依存性があるため、ほとんどの成分が向精神薬として指定されております。

 

非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系を改良版となり、ベンゾジアゼピン系とは違う化学構造であるがベンゾジアゼピン系と似た作用をするものとなります。超短時間のものがほとんどとなりアモバンやマイスリーなどが有名です。日本のクリニックで処方されるうちの30%がこの非ベンゾジアゼピン系となります。こちらも向精神薬として指定されているものがほとんどとなります。

 

メラトニン受容体作動薬

一般的には薬剤の効果で睡眠を作用するものがほとんどですが、このタイプはメラトニン受容体に作用し自然に近い眠りにつかせるものです。日本では2010年にロゼレムという商品名でラメルテオンという成分で販売がされております。あまり強い催眠効果はなく、うつ病などの精神疾患をともなう場合などの方には向かないものとなります。

 

オレキシン受容体拮抗薬

睡眠を促すというよりは脳を覚醒状態にさせず眠りに導くものとなります。耐性や依存がないため長期的に使用することも可能ですが、効く人と効かない人とに分かれやすいものとなります。

 

セロトニン1A受容体部分作動薬

ベンゾジアゼピン系と同じく抗不安作用効果のあるのがセロトニン作動薬となります。有効成分をブスピロンとするバスパーが有名なものとなっており、各種ジェネリックも登場しております。通販で人気であったデパスが向精神薬として指定されたことで、現在代わりのものとして注目を集めております。

 

睡眠薬の正しい飲み方、使用方法

布団で眠る男性

自身の症状によって使用する睡眠薬を選ぶことが重要です。薬剤の有効成分によって睡眠を促す時間は違います。寝つきが悪いのに即効性のない中時間型などを使用しても寝付くことはできず、逆に寝起きが悪くなってしまいます。また寝つきは良いが中途覚醒してしまう方が超短時間型などのものを使用しても意味がありません。

 

自身に合った睡眠を選ぶことができたら、症状に合わせて服用量を決めます。始めから多量に服用することはせず、少しずつ増量するようにしましょう。また、長期的に服用することはできるだけ控え依存性に気を付けましょう。依存性が起きてしまった後に急に服用を止めてしまうと離脱症状を引き起こし不安障害を引き起こすこともありますので注意しましょう。依存性や離脱症状はバルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系に生じる可能性があります。

 

睡眠薬(睡眠導入剤)比較ランキング

 

    •  バスパージェネリック5mg[Buspon]

      バスパージェネリック5mg[Buspon]

      ブスピロンを有効成分のバスパーのジェネリック医薬品です。向精神薬として指定の多い睡眠薬の中、抗不安薬としての催眠効果で現在通販で人気のあるものとなっております。ジェネリックの安さも人気となっております。海外では、このブスピロンの成分は全ての薬剤を含めた中でも上位に入るほどの売り上げとなっております。

      「バスパージェネリック5mg[Buspon]」の詳細を見る

 

    •  バスピン10mg[Buspin]

      バスピン10mg[Buspin]

      こちらもブスピロンを主成分にするセロトニン1A受容体部分作動薬となります。ベンゾジアゼピン系になるデパスの睡眠薬が平成28年9月より向精神薬として指定されたため代替品として人気のものとなっております。

       

      「バスピン10mg[Buspin]」の詳細を見る

 

    •  バスピン5mg[Buspin]

      バスピン5mg[Buspin]

      2位バスピンの低含量タイプのものとなります。バスパーのジェネリック医薬品となりため価格が安いことと、ベンゾジアゼピン系のような依存性がないのも人気となっております。

      「バスピン5mg[Buspin]」の詳細を見る

 

    • エチラーム1mg[Etilaam]

      エチラーム1mg[Etilaam]

      ベンゾジアゼピン系の成分であるエチゾラムを主要成分としております。過去、通販でも人気でしたが、向精神薬として指定されたため、現在では通販での個人輸入は禁止となっております。

      「エチラーム1mg[Etilaam]」の詳細を見る

 

 

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ