「頭が良くなる」とスマートドラッグ(スマドラ)が若者の間で蔓延。効果や副作用は?

スマートドラッグ

「スマートドラッグ」(通称スマドラ)をご存じでしょうか。

集中力が高まり、眠くならず、目が冴えるという薬です。

それだけ聞くと、非合法の危ない薬に聞こえますが、スマートドラッグ(スマドラ)は、ちゃんと病院でも処方されている薬なのです。

なかでもピラセタムという薬がメジャーで、本来は、てんかんやアルツハイマーやADHD(注意欠陥・多動性障害)に使用されているものです。

このピラセタムは、服用すると、脳の一部においての血流量と酸素消費を増大させ、記憶の処理に関係がある神経伝達物質アセチルコリンの機能を向上させる効果が期待できると いわれています。

そして、このピラセタムは「普通の人」が飲んだ場合も、効果を発揮します。

こういったスマートドラッグ(スマドラ)は脳機能を向上させ学習や記憶力を改善するため、記憶力や注意力を向上させる顕著な効果が期待できます。

ブームになりつつあるスマートドラッグ

スマートドラッグ

もともとスマートドラッグ(スマドラ)は、1990年代後半にアメリカの大学生の間で「勉強に集中できる」と流行り始めたのをきっかけに、若者を中心に知られる様になり、アメリカでは大きなブームとなりました。

そして日本でも「頭の良くなる薬」として知られるようになりました。

値段も30錠で3000円~5000円で、個人輸入通販などで手に入る為、受験生や資格取得の為などで勉強する社会人の間でスマートドラッグ(スマドラ)を使用するのが、ブームになりつつあります。

しかし、問題となっているのが、小学生や中高生などの低年齢の子供たちがそういったスマートドラッグ(スマドラ)を飲んでいる事です。

そういった場合、親が黙認しているというか、むしろ子供にスマートドラッグ(スマドラ)飲ませているケースも少なくありません。

脳が未発達である子供が、医師の処方箋もなしにスマートドラッグ(スマドラ)を服用すると、薬が脳にどのような影響を与えるのかという事がわからず、また、体に耐性ができてしまう為、どんどん服用量が増えてしまうという事もあります。

その場合は精神的にスマートドラッグ(スマドラ)に「依存」してしまう事もあるので、注意が必要です。

最も懸念されるのは、このスマートドラッグ(スマドラ)を常用する事により、違法薬に対する抵抗感がなくなってしまうという事です。

スマートドラッグ(スマドラ)の気になる副作用は?

ピラセタムの副作用は、重大な副作用は報告されておらず、まれに、めまいや吐き気、頭痛や眠くなるなどがあります。

合うか合わないか、副作用が出るかでないかは、個人差があります。

ただ、効果を求めて、ピラセタムを大量摂取してしまうと肝臓に負担をかけ、記憶障害を引き起こした例なども報告されているので気を付けましょう。

また、ピラセタム服用時に、体内のコリンが不足状態にあると、副作用である頭痛を発症しやすくなるようです。

もし副作用が出る場合は、コリンのサプリメントを併用してみるのも良いでしょう。

上手に付き合いたいスマートドラッグ

スマートドラッグ(スマドラ)のピラセタムの効果や副作用について上述いたしました。

それでは、ピラセタムのジェネリック医薬品であるヌートロピルノーマブレインを紹介いたします。

【ヌートロピル】

ヌートロピル

本来はアルツハイマー病や認知症改善薬であるが、記憶力や集中力を高める効果が期待できる事から、スマート(スマドラ)ドラッグとしてポピュラーです。

有効成分はピラセタムという物質であり、脳内のアセチルコリン濃度(脳内にある神経伝達物)を高める作用を持っている為、脳内の神経伝達を円滑にし、脳の機能改善・機能向上すると言われています。

記憶力や集中力を高めるお薬ヌートロピルの通販はこちらから

アメリカなどの海外では認可されており、サプリメントとして販売されており、ビジネスマンを中心に人気が高いです。

【ノーマブレイン】

ノーマブレイン

こちらも、アルツハイマー型痴呆症の治療薬として使用されてきた薬ですが、脳の老化を防ぎ、注意や知性の部分を司る、脳の認識機能を向上させるとしてアメリカで人気が出てきています。

また、脳内の血流と酸素消費量を改善する為、記憶力・集中力が向上、右脳と左脳をつなぐ脳梁にも作用し、左右の脳の伝達を促進し、脳全体を活性します。

記憶力と注意力を高めるお薬ノーマブレインの通販はこちらから

なお、日本では、すこし前ではこういったスマートドラッグ(スマドラ)に「リタリン」という薬が使われていました。

わりと有名な薬なので、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

リタリンは、覚せい剤の主成分アンフェタミンに類似した中枢神経刺激薬であり、気分が高揚し、眠気がとれると言われていました。

しかし、薬が切れた時の禁断症状や、幻覚、うつ症状などがみられるため、現在は製造中止となっています。

まとめ

スマートドラッグ

今回は、スマートドラッグ(スマドラ)について紹介いたしました。

スマートドラッグ(スマドラ)は、基本的に、脳の血流の改善し、酸素消費量を向上させるものであり、用量を守れば、安全な薬とされています。

これらのスマートドラッグ(スマドラ)は、乱用するのではなく、上手に使いたいものです。

くれぐれも薬の力を「借りる」のであり、決して頼りきらないようにしましょう。

このページの先頭へ

このページの先頭へ