犬用フィラリア予防薬ストロングハートを購入するなら最安値を通販で!

ワンちゃんのフィラリア対策はどうされていますか?

フィラリア症は非常に怖い感染症です。

しかし、予防薬でしっかり対策をすれば決して怖い感染症ではありません。

大切な家族を守るためにもフィラリアに関する知識を身に付けて、是非フィラリア予防薬を導入してください!

またフィラリア予防薬は継続した使用が必要ですので、通販で価格を比較して最安値を探したり、ジェネリック医薬品を購入すると金銭的負担が減りますので活用してみてください。

フィラリア予防薬ストロングハート

フィラリア予防薬ストロングハート

ストロングハートはフィラリア予防薬の中でも人気の高い商品です。

イベルメクチンとパモ酸ピランテルという2つの成分がフィラリア予防に有効とされています。

通販で購入されるフィラリア予防薬では1番人気と言ってもいいかもしれません。

ストロングハートの特徴

ミートフレーバーになっており、お薬が苦手なワンちゃんにも気軽に投与できるのが人気の理由でしょうか。

いくら予防しようと予防薬を通販で購入したとしても、ワンちゃんが薬を口にしてくれなければ意味がないですからね。

このストロングハートは、ハートガードプラスという世界的にも有名なフィラリア予防薬のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品ですので価格も抑えられることもオススメできるポイントです。

またワンちゃんのサイズに応じてお薬が選べます。

ストロングハートの副作用

ストロングハートには重篤な副作用は報告されていません。

ですが、アレルギーなど不安がある場合は使用の前に獣医師に相談するなどしてください。

また、使用していて異常が出てしまった場合は、すぐに使用を中止し獣医師に診てもらうようにしてください。

ストロングハートはチュアブルタイプ

ストロングハートはチュアブルタイプで非常に服用させやすくなっています。

チュアブルとは咀嚼錠とも呼ばれ、口の中で噛み砕いたり、溶かして飲むことができるタイプになります。

また、チュアブルなうえにミートフレーバーになっていますので、食いつきもよく食べやすいので投薬しやすいお薬と言えるでしょう。

犬に限らずお薬を与える時に大事になるのは食いつきの面ですので、チュアブルはそこがクリアできているお薬で人気が出るのも納得ですね。

ストロングハート以外のフィラリア予防薬

ここまでストロングハートをゴリ押ししてきましたが、ストロングハート以外の通販購入で人気のフィラリア予防薬にはどんなものがあるのか紹介したいと思います。

アドボケート

アドボケート

アドボケートはストロングハートとは違い犬用と猫用があります。

犬や猫のサイズに合わせて購入することができます。

フィラリアだけでなくノミやダニの予防にも役に立つとフィラリア予防薬の通販で人気の商品になります。

アレルギー反応を起こしてしまうワンちゃんも稀にいるので、不安な方は獣医師に相談してから使用するようにしてください。

アドボケートはストロングハートとは違いスポットオンタイプのお薬です。

肩甲骨のあたりに垂らすだけですので使用も簡単でオススメです。

レボリューション

フィラリア予防薬レボリューション

レボリューションも犬用だけでなくストロングハートにはない猫用があり、通販で購入される方の中でも人気の高いフィラリア予防薬です。

レボリューションも犬猫のサイズに応じて商品を選ぶことが可能です。

そしてレボリューションはアドボケートと同じスポットオンタイプなので使用が簡単です。

どうしても経口タイプのお薬が苦手な子はいますので、そんなときはこちらを選択するといいでしょう。

ハートガードプラス

フィラリア予防薬ハートガードプラス

ハートガードプラスはストロングハートの先発薬です。

日本では「カルドメック」の名前で呼ばれています。

ストロングハートと同様にお肉の味がついているので、お薬が苦手なワンちゃんにも使用できます。

しかし画、ジェネリック医薬品は先発薬と同等の効果が得られるものですので、ハートガードプラスを購入するなら、ストロングハートを購入した方が経済的と言えます。

しかし、どうにもジェネリック医薬品に信頼が置けないという方は、犬フィラリア症の予防薬にはハートガードプラスを選択するのがいいでしょう。

ハートプロテクトプラス

フィラリア予防薬ハートプロテクトプラス

ハートプロテクトプラスはストロングハートと同じハートガードプラス(カルドメック)のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品ですのでハートガードプラスよりも安価に購入することができます。

ネット通販で最安値を探せばますます経済的になります。

ハートプロテクトプラスという犬フィラリア症の予防薬は月に1度食事に混ぜて与えますが、一番少ないもので6個入りですので、蚊の出始める1ヵ月程度前から与え始め6か月与えることになります。

しかし、思ったより蚊の活動期間が長い年もあったりしますので、不安な方は18個入りを購入するといいでしょう。

バジルガードプラス

フィラリア予防薬バジルガードプラス

バジルガードプラスもストロングハートと同様にハートガードプラス(カルドメック)のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品ですので経済的に負担を感じたくない方はジェネリックを選択することオススメします。

小型・中型・大型犬用それぞれに6個入りと18個入りがありますので、あなたの使用しやすい方を通販されるといいでしょう。

また、市販のフィラリア予防薬は安価な分、成分が少なかったり弱かったりしますのでちゃんと効いてくれる医薬品やそのジェネリックを選択する方がいいでしょう。

フィラリア症とは

では、フィラリア症とは一体どんな病気なのでしょうか?

「フィラリア」という言葉は耳にしたことがある方は多いと思いますが、実際にフィラリア症がどのようなものか把握している人は多いとは言えないのではないでしょうか?

フィラリア症は蚊を媒体に感染する感染症で、発症は外を散歩する犬に多く見られます。

もちろん室内犬や家猫であってもフィラリアを持った蚊が家の中に入ってしまえば感染することは十分に考えられます。

感染経路としてはまずフィラリア症にかかってしまった犬などの血を蚊が吸うと、ミクロなフィラリアの幼虫が蚊の体内に入り込みます。

そして、その蚊がまた別の犬の血を吸う際に今度はその犬の血管に侵入して感染してしまうのです。

フィラリアの成長過程

犬の体内に入ったフィラリアは皮下組織に留まり成長します。

成長過程で脂肪や筋肉などを移動しながら大きくなっていきます。

またこの段階では健康診断でも受けない限り感染していることに気づくことはまずありません。

そして肺動脈を目指して血管を流れていきます。

肺動脈や心臓に辿り着くとそこで急激に成長しオスで最大20cm程度、メスは最大30cmほどにまで成長し成虫となります。

これを何匹ものフィラリアが辿って心臓に住み着いてしまってからようやく咳をする、呼吸が荒い、散歩を拒むようになる、食欲の低下などの症状が出るようになります。

気づいた時には手遅れとなることが多い非常に怖い病気です。

また、フィラリアで画像検索するのはやめておいた方がいいでしょう。

フィラリア対策は予防が大事

フィラリア症が非常に気付きにくい病気であることはお分かりいただけたと思います。

人間のわれわれでも全く蚊に刺されずに一年を過ごすことは難しく、これが犬となると蚊に刺されないということはまず不可能に近いと思います。

ですので、予防が何より大事になります。

フィラリア予防薬は犬用に加え猫用もあり中にはフィラリアだけでなくノミなども併せて対策が出来るものもあります。

定期的に投薬してやることで感染してしまっても成虫にさせないことができます。

また動物病院よりも通販を利用して購入される方が多くなっています。

フィラリア予防薬ストロングハート紹介まとめ

ストロングハートやその他のフィラリア予防薬を紹介してきましたが、あることに気づかれた方もいるかもしれませんね。

それは「通販で購入する」ということです。

市販されているフィラリア予防薬は効き目が弱く、効果を得られないということが起きてしまいかねませんので、医薬品やそのジェネリックを使用した方が確実と言えます。

しかし、医薬品は動物病院などでしか購入できず市販はされていません。

ですので、安全面を考慮すると最初だけ獣医に診てもらい愛犬に使用できるフィラリア予防薬を見つけて、それ以降は通販で購入するというやり方が一番コストも時間も無駄にせずに済むでしょう。

また、もう一度獣医師に診てもらっているのであれば、ネット通販で最安値を探すなどしてより金銭的負担を減らすのもいいですね。

大事な家族の命ですので、人間の我々がちゃんとケアして、幸せに長生きさせてあげたいですね!

このページの先頭へ

このページの先頭へ