うつ病や精神病に効果のある抗うつ剤・精神安定剤比較ランキング

悩む人

人はいろいろな事象が起きることで普段とは違い心の安定ができなくなってしまうことがあります。人前で話したり、大事な仕事の前などはとても緊張し気持ちも不安になってしまいます。また、経済的な理由などで先行きが不安になってしまうこともあります。人付き合いも普段の自分を出すことができずに落ち込んだり逆にテンションが上がってしまったりなんてことがあります。

 

こういった精神の不安定なことは大なり小なり誰にでも起こることでありますが、全員が同じ耐性を持っているわけではありません。逆に言えば人による違いが、それぞれの性格を成すものであり人の特徴でもあります。しかし、限界を超えてしまうと、現在の生活が困難になってしまいます。そういったときに使用するお薬が精神安定剤となります。

 

このページでは抗うつ剤や精神安定剤について紹介しております。通販でも購入できるものをランキングにもしておりますので最後までご覧になっていただけたらと思います。

 

>抗うつ剤・精神安定剤とは?

>抗うつ剤・精神安定剤は正しく服用しましょう

>こんな副作用が出たら注意?抗うつ剤・精神安定剤の様々な副作用とは

>抗うつ剤・精神安定剤比較ランキング

 

抗うつ剤・精神安定剤とは?

休憩している人

精神安定剤には症状により4つに分類されております。抗うつ剤もそのひとつとなります。それぞれの気持ちの不安定さの違いにより適したものを選んで使用をしていきます。

 

抗うつ剤

気分障害のひとつで気分が落ち込んでいる状態である抑うつ状態に使用するのが抗うつ剤です。パニック障害や不安障害、PTSDなどにも処方されます。1950年頃に使われ始めた三環系から新規抗うつ剤であるSSRIやSNRIなど系統がさまざまあり、強さや副作用などそれぞれ特徴があります。SSRIは第一選択薬と使用されることが多い系統です。

 

抗不安剤

気持ちが不安になると精神的な負担が掛かることでめまいや動悸、頭痛、不眠などの症状を発現したりします。そういった不安障害やパニック障害などに使用されるのが抗不安剤です。抗うつ剤とも関わりがあり、抗うつ剤のSSRIなども抗不安薬に該当したりもします。鎮静を目的に睡眠薬の系統であるベンゾジアゼピン系も該当します。その他、セロトニン5-HT1A受容体作動薬などが該当します。

 

抗そう剤

うつ状態とは逆に、気分が高揚し話している言動に繋がりがないなどの状態に使用するのが抗そう剤です。そう状態では気分が高揚しているだけでなく、うつ状態のように落ち込むことがあるので診断が難しい症状でもあります。そのため双極性障害として現在では診断もされております。種類としてはミネラルや抗てんかん薬が含まれ、気分安定薬として分類されます。

 

抗精神病薬

思考や言動などが他人とは違うなどの症状の統合失調症やそう状態に使用されるのが抗精神病薬となります。新世代型の非定型抗精神病薬は双極性障害のうつ状態などにも適応します。認知症などにも使用されたりします。

 

抗うつ剤・精神安定剤は正しく服用しましょう

Yes or No

抗うつ剤や精神安定剤だけではなく、どんな薬にもリスクは伴います。そのため正しく服用することがとても重要です。また、薬では根本治療になるものではなく症状を緩和させるものですので、安易に薬だけに頼ることなく、併用して行える日常生活の改善などの自然療法なども行っていきましょう。

 

精神安定剤の種類は症状によって異なり、また系統があり成分がありとさまざまあります。自分の症状にはどれが合っているのか正しく選択する必要があります。また、併用すると危険なものが多く、抗うつ剤では基本併用は行わず1種類のみの使用となります。病院では症状が軽いと処方されない場合もあります。それは症状が軽いと薬剤の効果が発現しないことがあり、それが薬剤が効果ないと判断してしまい多量に服用してしまう可能性があるからです。そのため、症状が軽い方は安易に薬を服用しそして量を増やさないようにしましょう。

 

病院で処方される場合はまずは第一選択薬として副作用の少ないものや効果を調べるための薬剤が選ばれます。そのため効かないこともよくあります。しかし、効かないから藪医者だと判断するのではなく、これだけの種類のお薬からあなたにあったお薬を一つずつ選んでくれていると思いましょう。病院に不安のある方は、初めからセカンドオピニオンとしていくつかの病院を巡っておきましょう。

 

これはお薬を多量にもらうことを目的にしているのではなく、きちんと話を聴いてくれる先生は誰なのかや処方の違いを確認することで安心を目的に行います。安心して使用できればより症状は緩和しやすいはずです。

 

こんな副作用が出たら注意?抗うつ剤・精神安定剤の様々な副作用とは

注意

お薬を使用する場合はまずは副作用が少ないものから使用することが重要です。しかし、注意を行っていても副作用が全くないとは言えません。抗うつ剤や精神安定剤などの副作用として一般的なものとしては口の渇きや体重増加、吐き気、眠気などがあり、この眠気があるものは睡眠薬として使用もされていたりします。

 

依存性の注意

お薬を服用していくと成分に対し耐性がついて効果が弱くなることがあります。効果が弱いと思って多量に服用することになりどんどんと依存するようになってしまいます。依存度が高くなると副作用も発現しやすくなるので注意が必要です。

 

離脱症状

依存性からの脱却を行うために断薬を決意したときに起こる症状です。ベンゾジアゼピン系やSSRIなどに起こりやすいので急な断薬は注意しましょう。離脱症状では抑うつ、不眠、動悸、けいれんなどを生じ、元の治療の症状と区別が困難になったりもします。

 

賦活症候群

抗うつ剤の初期症状で起こりやすく、服用から2週間以内に起こりやすいです。不安や焦燥、不眠、パニック発作、悪化すると自傷行為などを引き起こします。一過性のものがほとんどですが、双極性障害や境界性パーソナリティ障害などとも似ている症状であるため、服用開始から少し違った症状と感じた場合は服用中のお薬や現在の状況を伝え医師に相談をしましょう。

 

抗うつ剤・精神安定剤比較ランキング

 

    •  バスパージェネリック5mg[Buspon]

      バスパージェネリック5mg[Buspon]

      セロトニン5-HT1A受容体作動薬であるブスピロンを主成分としております。海外では依存性の少なさから非常によくつかわれている成分です。抗不安薬として緊張を緩和させリラックスさせます。睡眠作用があるので睡眠薬としても使用することもあります。

       

      「バスパージェネリック5mg[Buspon]」の詳細を見る

 

    •  バスピン10mg[Buspin]

      バスピン10mg[Buspin]

      1位と同じくブスピロンを主成分にしている抗不安薬です。新薬であるバスパーのジェネリックとなり価格が安いのも人気の要因となっております。依存性の少なさから海外では非常によく使われる成分になります。

       

      「バスピン10mg[Buspin]」の詳細を見る

 

    •  バスピン5mg[Buspin]

      バスピン5mg[Buspin]

      2位のバスピンの低含量タイプです。初めて使用する方が副作用の観点などから低含量で使用することとなっております。

       

      「バスピン5mg[Buspin]」の詳細を見る

 

    • エスシタデップ10mg[Scitadep]

      エスシタデップ10mg[Scitadep]

      SSRI系統の抗うつ剤となります。抗うつ効果や副作用のバランスがよいタイプであるため、病院などでは第一選択薬のひとつとしてSSRI系は選ばれたりもします。レクサプロのジェネリック医薬品となります。

       

      「エスシタデップ10mg[Scitadep]」の詳細を見る

 

  •  セルティマ100mg[Sertima]

    セルティマ100mg[Sertima]

    SSRIに分類される抗うつ剤となります。有効成分はセルトラリンとなり、ゾロフト・ジェイゾロフトのジェネリック医薬品となります。薬価代が安いので通販でもよく選ばれるものとなります。

     

    「セルティマ100mg[Sertima]」の詳細を見る

 

 

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ