AGA(薄毛・抜け毛)の発症年齢が若年化!気になる治療法と始めるタイミングや費用は?

AGA治療の若年化

AGAとは「男性型脱毛症」の事で、成人男性の映え際や頭頂部の髪が、薄くなっていく状態をいいます。

AGAになる原因は、男性ホルモンの影響や、遺伝的な要素によるものと言われています。

30代~40代から発症されるのが多いとされるAGAですが、近年、10代でもAGAを発症するケースが増えています。

AGA治療デビューのきっかけや始め時は?

AGA治療の若年化

そもそもAGA治療を始めるには、きっかけ、タイミングがあります。

まず、自分自身で「髪の毛が抜ける」という事に気づき、それを認める時です。

では、どうしたらAGA治療スタート「GO」のタイミングなのでしょうか?

なかなか、面と向かって「薄くなっているよ」とは言われにくい為、自分で気づき行動を始める事が大切です。

自分で「あれ?」と違和感を感じた日。

それこそがAGA治療を始めるタイミングなのです。

AGA治療スタートGOのサイン

  • シャンプー時に髪の毛が抜けるようになった。
  • 朝起きて、枕に髪の毛が落ちてるのに気づくようになった。
  • 雨を頭皮で感じる。頭皮が冷たいと感じてしまった。
  • 髪のセットがなかななかうまくいかない。
  • SNSのプロフィールなどで昔の自分の写真を使ってしまう。
  • 昔の自分の写真を見て「あれ?」って思う。
  • 人と話している時に、相手の視線が頭皮に行く。

AGA発症者の若年化の原因とされるのは

AGA発症の若年化の原因として考えられるものとしては以下があげられます。

・ストレス・・・受験や人間関係でストレスを溜めやすい。発散もうまくできてない。

・生活習慣・・・飲酒、喫煙、昼夜逆転生活による生活の乱れ。

・食文化の欧米化・・・ジャンクフードなどが多くなり、栄養が偏っている。

・ホルモンバランスの乱れ・・・ストレスにおり、自立神経の働きが狂ってしまう。

薄毛は放っておいても改善する可能性は低いです。

AGA対策は、早ければ早いほど細胞が若いので結果が出やすいのです。

それでは具体的に何から始めて行けばいいのでしょうか。

まずはAGA治療の専門病院へ

AGA治療の若年化

①カウンセリング

まずはAGA治療専門の病院でカウンセリングを受けます。

ここでは、髪の毛の悩みを相談し、AGA治療方針、治療のメリット、デメリット、治療費などについての説明を受けます。

時間は大体1~2時間ほどです。

通常、カウンセリングは無料のところが多いです。

②初診

治療の経過を見る為、頭部の撮影を行う病院が多いです。

専門医が頭皮の状態を触診し、血液検査を行います。

AGA治療薬が体に与える影響を確認し、男性ホルモン値を確認します。

③治療開始

治療が始まります。ほとんどの病院では、1ヶ月分の内服薬(フィナステリド)と外用薬(ミノキシジル)が処方され、1ヶ月毎に経過を観察、1クールにつき1年を目安としています。

気になる費用ですが、AGA治療クリニックですと、1ヶ月30000円前後、一般の病院ですと、1ヶ月14000円前後となります。

因みにAGA治療は治療スパンが長く、1年で約30万~40万近い出費になります。

AGA治療薬は何歳から飲む事ができるの?

AGA治療薬は基本的には20歳以上から服用する事ができます。

AGA治療薬の有効成分(フィナステリド)は、もともと前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬として開発されたものとなり、性機能に対する副作用が懸念される為、20歳未満はまだホルモンが定まっていないとされており、処方が禁止されています。

脱毛が始まったからといって悲観しないためには

抜けが始まると誰でも心配になります。

しかし、やみくもに心配するのではなく「次に生えてくる毛をいかに丈夫にするか」を考えましょう。

内服薬で、内側からのケアをしていくと同時に、育毛剤等の外からのケアをする事で、しっかりした毛が生えてくる環境を整えてあげましょう。

何度も申し上げますが、AGA治療をスタートさせるのは、早いに越した事はありません!

AGA治療に使われるお薬について

現在、AGA治療に使われているお薬の中で、最もメジャーとされているのは、プロペシアではないでしょうか。

プロペシアの有効成分は、フィナステリドです。

男性ホルモンのテストステロンと結びつくと、薄毛の原因となる物質のDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制し、毛髪の成長サイクルを正常に整えます。

病院でも処方されているお薬なので、安心です。

また、プロペシアは、ジェネリック医薬品も出ていますので、色々試してみて、自分に合ったお薬を探すのもいいかと思います。

プロペシアなどのAGA治療薬を入手するには

プロペシアのような、AGA治療薬は保険適用外となりますので、値段を気にする方が多いようです。

また、プロペシアは市販では購入できませんが、個人輸入で購入する事ができます。

プロペシア1mg[Propecia]

プロペシア1mg[Propecia]

プロペシア1mg(propecia)は、世界的にメジャーなAGA(抜け毛・薄毛)治療薬です。

数か月、服用する事で効果が現れます。

このページでは、効果・副作用・使用方法や口コミ情報をまとめています。

プロペシア1mg[Propecia]の通販はこちらから

プロペストライド1mg(propestride)

プロペストライド1mg(propestride)

プロペストライドは有効成分がフィナステリドの、プロペシアのジェネリック医薬品になります。

大変、人気のお薬となります。

このページでは、効果・副作用・使用方法や口コミ情報をまとめています。

プロペストライド1mg(propestride)の通販はこちらから

まとめ

AGA治療の若年化

10代、20代の学生のうちから髪の毛を気にしている男性は意外と多いのです。

薄毛治療は、保険が効かないので治療を継続するには、金銭的にも難しいと言われています。

まずは規則正しい生活、ストレス解消、食事の改善などを心がけ、早めのAGA治療対策をする事をしましょう。

このページの先頭へ

このページの先頭へ