フェミロン0.02mg/0.15mg[Femilon]

  • 医薬品名フェミロン0.02mg/0.15mg[Femilon]
  • メーカー:オルガノン/Organon
  • 成分:Ethinyloestradiol(エチニルエストラジオール)0.02mg+Desogestrel(デソゲストレル)0.15mg

関連BLOG

妊娠回避率が高い避妊薬・ピルはどれ?避妊薬・ピルの比較ランキング

【避妊薬】アフターピルを通販で買うなら値段を比較してからが吉!

個人輸入代行サイト 送料込価格 比較 本体価格(送料) 比較

くすりぴあ

くすりぴあで購入

4080

¥3080

(¥1,000)

クスリックス(薬楠一番薬局)

クスリックスで購入

5200

¥4200

(¥1,000)

ちょび髭薬局

ちょびひげ薬局で購入

5200

¥4200

(¥1,000)

あごひげ薬局

なし

-

-

(-)

お薬王国

なし

-

-

(-)

ジェネナビ

ジェネナビで購入

4381

¥3381

(¥1,000)

アットドラッグ

アットドラッグで購入

5200

¥4200

(¥1,000)

薬蔵(クスリグラ)

薬蔵(クスリグラ)で購入

4710

¥3710

(¥1,000)

この情報は 2017年1月25日 に調査したデータです。 購入される場合は、各サイトでお値段のご確認をお願い致します。

フェミロン0.02mg/0.15mg[Femilon]について

エチニルエストラジオールを0.02mgに抑えたフェミロンは、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンを刺激して卵子の放出を抑える超低用量ピルです。ピルは男性任せにせずに女性主体でできる避妊方法で、用量用法を正しく守って飲めばその避妊率はとっても高くて99.9%です。エチニルエストラジオールの含有量がかなり少なくなっているので、他の低用量ピルと比べてもこのフェミロンは副作用の心配がかなり少なくおすすめです。避妊目的以外でも、生理痛や生理不順にお困りの方や卵巣がんの予防に使われることがあります。ただ、個人差がありますので、頭痛や吐き気、気分が不安定になるなどの症状がでる方もいます。そのような場合も、かなりの方では数か月でなくなります。またジェネリック医薬品なので価格も抑えられていて、長期にわたって飲みたい人にとって経済的にも続けやすいといえるでしょう。

服用方法・使用方法

月経初日から1日1回フェミロン1錠を毎日服用してください。1箱に21錠入っていますので、すべて使用した後7日ほど服用をお休みして、次の月経初日から再開してください。喫煙している方などでは、血液が固まりやすくなることがありますので、異常を感じたら医師の診察を受けてください。

効果効能

黄体ホルモンを刺激することによって乱視の放出を抑える作用があります。低用量ピルとして避妊する効果が期待できます。

副作用

副作用は殆ど無いといわれていますが、薬に慣れていないはじめのうちは、副作用を感じることがあります。乳房が張る、吐き気、嘔吐・胃の痛み、めまいなどです。生理以外の不正出血は飲み忘れると起こるといわれています。

間違えワード

フェロミン、フィミロン

フェミロン0.02mg/0.15mg[Femilon]の口コミ・評判!

このページの先頭へ

このページの先頭へ