ジネット35 2mg/0.035mg[Ginette35]

  • 医薬品名ジネット35 2mg/0.035mg[Ginette35]
  • メーカー:シプラ/Cipla
  • 成分:Cyproterone acetate(酢酸シプロテロン)2mg,ethinylestradiol(エチニルエストラジオール)0.035mg

関連BLOG

妊娠回避率が高い避妊薬・ピルはどれ?避妊薬・ピルの比較ランキング

【避妊薬】アフターピルを通販で買うなら値段を比較してからが吉!

個人輸入代行サイト 送料込価格 比較 本体価格(送料) 比較

くすりぴあ

くすりぴあで購入

4330

¥3330

(¥1,000)

薬蔵(クスリグラ)

薬蔵(クスリグラ)で購入

4670

¥3670

(¥1,000)

お薬ボックス

なし

-

-

( - )

クスリックス(薬楠一番薬局)

クスリックスで購入

5130

¥4130

(¥1,000)

ちょび髭薬局

ちょびひげ薬局で購入

5200

¥4200

(¥1,000)

あごひげ薬局

あごひげ薬局で購入

5200

¥4200

(¥1,000)

お薬王国

なし

-

-

(-)

アットドラッグ

アットドラッグで購入

7420

¥6420

(¥1,000)

ジェネナビ

ジェネナビで購入

4350

¥ 3350

(¥1,000)

この情報は 2017年1月25日 に調査したデータです。 購入される場合は、各サイトでお値段のご確認をお願い致します。

ジネット35 2mg/0.035mg[Ginette35]について

女性自身が自分で選べる避妊方法であり、避妊率も高いのはやはりピルです。ピルは以前は副作用が大きくて、使いたいけれども心配で使えない・・・という方もいましたが、今はとっても副作用が少なくて良いピルがあるのです。その中の一つがジネット35です。低用量ピルも種類が色々ありますが、このジネット35は特にアジア人に合った処方です。サイプロトロン酢酸塩という成分が男性ホルモンの影響を阻止します。排卵しないので妊娠に至りません。また、精子が奥に入っていくのを阻止する効果もあります。飲み方も簡単なので、正しく使えばかなりの確率で避妊できる素晴らしい薬です。

服用方法・使用方法

月経初日から1日1回ジネット35 1錠を毎日服用してください。1箱に21錠入っていますので、すべて使用した後7日ほど服用をお休みして、次の月経初日から再開してください。服用するタイミングは決まっていませんが、空腹時の方がより効果的とされているので食後から3時間程度ほど空けてから飲むと良いです。

効果効能

シプロテロン成分が男性ホルモンの影響を阻害し、排卵しないため妊娠を防ぐことができる避妊薬です。精子が卵巣に入っていくのを防止する効果があります。

副作用

低用量ピルなので副作用はごく少なく、ほとんどの方が快適に飲んでいます。しかし、一部の方は吐き気をもよおす事があるようです。すぐにやめてしまわずに続けて飲んでいると自然に解決します。

間違えワード

シネット、ジネッド、ジネッテ

ジネット35 2mg/0.035mg[Ginette35]の口コミ・評判!

このページの先頭へ

このページの先頭へ