アイピル1.5mg[I-pill]

  • 医薬品名アイピル1.5mg[I-pill]
  • メーカー:シプラ/Cipla
  • 成分:Levonorgestrel(レボノルゲストレル)1.5mg

関連BLOG

妊娠回避率が高い避妊薬・ピルはどれ?避妊薬・ピルの比較ランキング

【避妊薬】アフターピルを通販で買うなら値段を比較してからが吉!

個人輸入代行サイト 送料込価格 比較 本体価格(送料) 比較

くすりぴあ

くすりぴあで購入

2900

¥1900

(¥1,000)

クスリックス(薬楠一番薬局)

クスリックスで購入

3540

¥2540

(¥1,000)

ちょび髭薬局

ちょびひげ薬局で購入

3600

¥2600

(¥1,000)

あごひげ薬局

あごひげ薬局で購入

3600

¥2600

(¥1,000)

お薬王国

お薬王国で購入

3540

¥2540

(¥1,000)

ジェネナビ

ジェネナビで購入

2984

¥1984

(¥1,000)

アットドラッグ

アットドラッグで購入

3540

¥2540

(¥1,000)

薬蔵(クスリグラ)

薬蔵(クスリグラ)で購入

3110

¥2110

(¥1,000)

この情報は 2017年1月25日 に調査したデータです。 購入される場合は、各サイトでお値段のご確認をお願い致します。

アイピル1.5mg[I-pill]について

アイピルはモーニングアフターピルと呼ばれるタイプの避妊薬です。常時辞任したい方が服用するピルとは違った役割をします。性行為中に避妊を失敗してしまった場合でも性行為から24時間以内にアイピルをのめば90%以上の確率で妊娠を回避できるというものです。つまりその日だけ飲むお薬です。 主成分であるレボノルゲストレルは、排卵の周期を遅らせたり精子が受精しないようにする効果があるので、強制的に妊娠を回避する強い効果があります。望まない相手と性交してしまった、避妊に失敗した、男性が協力的でなかった場合など、アイピルは女性自身が行える避妊方法として大変重要なお薬です。また、日頃からピルを服用している人でも飲み忘れてしまえば効果はなくなってしまいますし、コンドームがはずれたなど緊急時に備えて持っておく女性も増えてきています。

服用方法・使用方法

性行為後、72時間以内に1錠を水またはぬるま湯で服用してください。早く服用すればそれだけ避妊率が高くなりますので、できれば24時間以内が推奨されています。 吐き気をもよおす事があるので、何か食べてから飲むのが良いでしょう。

効果効能

性行為から24時間以内に服用することによって、主成分のレボノルゲストレルが精子を受精しないように作用します。排卵の周期を遅らせる効果もありる避妊薬です。

副作用

アイピルの副作用として吐き気があります、ホルモンに作用するタイプの薬なので個人差はありますが、吐き気があることが多いです。1,2日で収まりますが続くようなら受診して下さい。

間違えワード

アイビル、アイヒル、アイピール

アイピル1.5mg[I-pill]の口コミ・評判!

このページの先頭へ

このページの先頭へ