オブラルL0.15mg/0.03mg[ovrall]

  • 医薬品名オブラルL0.15mg/0.03mg[ovrall]
  • メーカー:ワイス/Wyeth
  • 成分:レボノルゲストレル(levonorgestrel) 0.15mg/エチニールエストラディオール(Ethinylestradiol) 0.03mg
個人輸入代行サイト 送料込価格 比較 本体価格(送料) 比較

くすりぴあ

くすりぴあで購入

¥3,980

¥2,980

(¥1,000)

クスリックス

クスリックスで購入

¥4,850

¥3,850

(¥1,000)

ちょび髭薬局

ちょびひげ薬局で購入

¥4,900

¥3,900

(¥1,000)

あごひげ薬局

あごひげ薬局で購入

¥4,900

¥3,900

(¥1,000)

お薬王国

お薬王国で購入

¥4,850

¥3,850

(¥1,000)

ジェネナビ

ジェネナビで購入

¥4,084

¥3,084

(¥1,000)

この情報は 2017年1月25日 に調査したデータです。 購入される場合は、各サイトでお値段のご確認をお願い致します。

オブラルL0.15mg/0.03mg[ovrall]について

オブラル-Lは低用量の経口避妊薬で、有効成分の2つ、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが排卵を抑制することで妊娠を回避します。エチニルエストラジオールはエストロゲン(卵胞ホルモン)、レボノルゲストレルはプロゲステロン(黄体ホルモン)と同じものです。この2つの成分を混合して服用することで、女性ホルモンの量を調節し、月経周期も安定させます。妊娠予防にはコンドームが有効ですが、確実に避妊するには女性自信が主体的に出来る方法で、ピルが有効です。また避妊の目的だけでなくて月経痛を和らげたり不規則な月経を規則正しくする役割があるので、そういった目的で使用される方もいます。急性骨盤内炎症性疾患や卵巣癌、子宮内膜癌になる可能性をさげることもできます。飲むサイクルを正しく使えば副作用も少なく大変安心で有効な避妊薬です。

服用方法・使用方法

月経が始まる前に用意しておき、月経一日目から飲み始めます。21日間続けたら7日は休むというサイクルです。この7日の間に月経がきます。飲む時間は決まり事はありあせんが毎日同じ時間のほうが飲み忘れもなく効果も高いので、夕飯の後や寝る前、など自分のライフスタイルにあわせて決めます。

効果効能

低用量ピルとして妊娠しない為の避妊薬です。女性ホルモンの量を調整し、月経周期を安定させる効果もあります。

副作用

ごくまれに吐き気、頭痛・倦怠感・吐き気・腹部の痛みの報告はありますが、低用量ピルなので多くの方に副作用が大変少なくてメリットの大きい薬ですので、他の薬の副作用が辛かった方に最適です。

間違えワード

オブラール、オフラル、オプラル

オブラルL0.15mg/0.03mg[ovrall]の口コミ・評判!

このページの先頭へ

このページの先頭へ