アクトス15mg[Actos]

個人輸入代行サイト 送料込価格 比較 本体価格(送料) 比較

くすりぴあ

なし

-

-

(-)

薬蔵(クスリグラ)

なし

-

-

( - )

お薬ボックス

なし

-

-

( - )

クスリックス(薬楠一番薬局)

クスリックスで購入

12240

¥12240

(送料無料)

ちょび髭薬局

ちょびひげ薬局で購入

12800

¥12800

(送料無料)

あごひげ薬局

あごひげ薬局で購入

15600

¥15600

(送料無料)

お薬王国

なし

-

-

(-)

アットドラッグ

アットドラッグで購入

12240

¥12240

(送料無料)

ジェネナビ

なし

-

-

(-)

この情報は 2017年1月25日 に調査したデータです。 購入される場合は、各サイトでお値段のご確認をお願い致します。

アクトス15mg[Actos]について

アクトス15㎎は有効成分ピオグリタゾンを15㎎含む糖尿病治療薬です。チアゾリジン系(グリタゾン系)血糖降下剤で、インスリン抵抗性を改善します。作用としては、肝臓、筋肉、脂肪組織などのインスリン感受性を高め、血液中の糖がそれらの組織に取り込まれやすくします。インスリンの働きが良くなり、血糖値が下がります。インスリンそのものの分泌を増やす作用はありません。アクトス15㎎は他の糖尿病治療薬(スルホニルウレア系薬やビグアナイド系薬、グリニド系、α-グルコシダーゼ薬)と併用できます。2型糖尿病では生活習慣の改善が大切で、過食や偏食を止め、定期的に運動することが改善につながります。アクトス15㎎を服用しているあいだも、食事療法や運動療法は継続しましょう。シックデイ(体調が悪く食事が摂れないとき、下痢をしているときなど)は薬を減らした方が良い場合があります。シックデイルールについての医師の説明をよくうけてください。低血糖症状には注意し、ふるえや寒気、強い空腹感を感じたらすぐに糖分をとるようにします。低血糖症状に備えて常に糖尿病手帳を携帯してください。

服用方法・使用方法

アクトス15㎎はインスリンを使用していない成人はピオグリタゾンとして15~30㎎を1日1回朝食前または朝食後に水などで服用してください。体質や症状によっては45mgまで増量が認められています。インスリンを使用している成人はビオグリダゾンとして15㎎を1日1回朝食前または朝食後に水などで服用してください。体質や症状によっては30mgまで増量が認められています。

効果効能

糖尿病の治療に効果があります。肝臓・筋肉・脂肪組織などインスリンの感受性を高める働きがある。

副作用

心不全の方、1型糖尿病の方、重篤な肝障害や腎障害がある方、重症な感染症や外傷、手術前後の方、妊娠している方、アクトスの成分にアレルギーがある方は服用しないでください。アクトス15㎎は浮腫(むくみ)や低血糖を起こすことがあります。肝障害や膀胱がんを生じることがあるので、定期的に検査を受けてください。

間違えワード

アクタス

アクトス15mg[Actos]の口コミ・評判!

このページの先頭へ

このページの先頭へ