ラミシール・ジェネリック錠剤250mg[Lamisil]

  • 医薬品名ラミシール・ジェネリック錠剤250mg[Lamisil]
  • メーカー:FDC
  • 成分:テルビナフィン(TERBINAFINE)250MG
個人輸入代行サイト 送料込価格 比較 本体価格(送料) 比較

くすりぴあ

なし

-

-

(-)

クスリックス

クスリックスで購入

¥3,940

¥2,940

(¥1,000)

ちょび髭薬局

なし

-

-

(-)

あごひげ薬局

なし

-

-

(-)

お薬王国

なし

-

-

(-)

ジェネナビ

なし

-

-

(-)

この情報は 2017年1月25日 に調査したデータです。 購入される場合は、各サイトでお値段のご確認をお願い致します。

ラミシール・ジェネリック錠剤250mg[Lamisil]について

性感染症にかかってしまったかな?と思ってもすぐに受診するのは気が引けると思います。今は自宅で薬で治すことが出来ますので、そんな方はまずはセルフケアからはじめませんか?ラミシールは性感染症であるカンジタ症の真菌などを殺す役割をします。カンジダは性器のかゆみから始まっておりものがヨーグルトやカッテージチーズのようになります。5人に1人はかかるとも言われていて、ストレスや免疫が低下した時によくかかる病気です。水虫の原因である白癬菌または皮膚糸状菌薬としてもラシミールは使われています。また、どうしても塗り薬だけでは治りにくいとされている角化型や、爪の水虫にも飲んで効果を発揮します。ラシミールの主成分テルビナフィンは、カビの一種である菌を破壊して殺菌する作用があります。外用抗真菌剤で治療が難しい場合にのみ飲み薬を使います。

服用方法・使用方法

ラシミールの使い方は基本的には一日に125mgを食後に水かぬるま湯と一緒に飲みます。症状によって用量は変わりますので、はじめのうちは少なめの用量からはじめるなどしてもよいでしょう。ピルカッターで切って使います。

効果効能

主にカンジダ症の真菌を殺菌する効果があります。その他にも水虫の原因である白癬菌などの治療にも使用されています。

副作用

ラシミールの副作用は胃の不快感、下痢、吐き気、腹痛、胃部膨満感、めまい、頭痛、食欲不振、味覚異常、発疹、かゆみ、乾癬様発疹、蕁麻疹、紅斑、光線過敏性反応、顔面浮腫、リンパ節腫脹などがあります。

間違えワード

ラシミールジェネリック、ルミシールジェネリック

ラミシール・ジェネリック錠剤250mg[Lamisil]の口コミ・評判!

このページの先頭へ

このページの先頭へ