アンピシリン・ジェネリック500mg[Ampicillin]

個人輸入代行サイト 送料込価格 比較 本体価格(送料) 比較

くすりぴあ

なし

-

-

(-)

クスリックス(薬楠一番薬局)

クスリックスで購入

7100

¥6100

(¥1,000)

ちょび髭薬局

ちょびひげ薬局で購入

10200

¥9200

(¥1,000)

あごひげ薬局

あごひげ薬局で購入

6800

¥5800

(¥1,000)

お薬王国

なし

-

-

(-)

ジェネナビ

なし

-

-

(-)

アットドラッグ

アットドラッグで購入

5360

¥4360

(¥1,000)

薬蔵(クスリグラ)

なし

-

-

( - )

この情報は 2017年1月25日 に調査したデータです。 購入される場合は、各サイトでお値段のご確認をお願い致します。

アンピシリン・ジェネリック500mg[Ampicillin]について

アンピシリンジェネリック500mgはペニシリンをベースにしている半合成の抗生物質です。半合成です。守備範囲は大変広くて、中耳炎や副鼻腔炎、尿路感染症、淋菌感染症などはもちろん、様々な病気の二次感染の治療にも使われています。ペニシリンでは充分な効果が得られなかったグラム陰性桿菌にも効果があるというのが大きな特徴です。非β‐ラクタマーゼ産生性の大腸菌、インフルエンザ菌、大腸菌、プロテウス・ミラビリス、サルモネラ、赤痢菌などにも効果があります、その理由としてはアンピシリンジェネリック500mgが細菌の細胞質膜の透過性が高い薬だからです。上記以外にアンピシリンジェネリック500mgが使われる症状としてはとびひ、敗血症・リンパ節炎・扁桃炎・咽喉頭炎・肺炎・気管支炎・腹膜炎・急性膵炎・腎盂腎炎・膀胱炎などがあります。その他には淋病・梅毒などの性病の治療にも使われます。

服用方法・使用方法

アンピシリンジェネリック500mgの成人の一般的な飲み方は1回アンピシリンとして250〜500mgを1日4〜6回に分けて飲みます。個々により量が違う場合があるので、医師の指示に従い用量用法を必ず守って服用しましょう。

効果効能

中耳炎や副鼻腔炎、尿路感染症、淋菌感染症、大腸菌、インフルエンザ菌、大腸菌、プロテウス・ミラビリス、サルモネラ、赤痢菌など、性病を含む様々な菌に対して有効です。

副作用

アンピシリンジェネリック500mgは用量用法をきちんと守ればめったに副作用のない安全なお薬です。しかしまれに以下のような症状が出る場合がありますので飲み始めは要注意。胃痛・下痢・嘔吐など、ごく稀に頭痛・めまい・かゆみ・関節痛などの症状が報告されています。

間違えワード

アンピシン、アンピクリン

アンピシリン・ジェネリック500mg[Ampicillin]の口コミ・評判!

このページの先頭へ

このページの先頭へ