ジェネリックについて

ジェネリックとは?

「ジェネリック医薬品」は、後発医薬品とも呼ばれている医薬品のことです。

正規品と変わらない品質でありながら、安価に手に入られるジェネリック医薬品。
「ジェネリック」とは、英語で「一般的な」、または「ブランドに囚われない」という意味の言葉です。一般的に広く使用され、効能や安全性が確立されたもののことを意味します。

近年では医薬品のみならず、特許切れのデザイナーズ家具をそっくりに製造した『ジェネリックプロダクト』や、ノーブランド商品のことを『ジェネリック・ブランド』と呼んだりもします。

効果は同じなのに安価に購入できるのがジェネリック医薬品の特徴であり、メリットです。 近年コマーシャルなどでもジェネリック医薬品についてやっており、国をあげてジェネリック医薬品の使用を促しています。

なぜ、ジェネリック医薬品は先発医薬品と同品質で、安価なのか?

ジェネリック医薬品の「後発医薬品」という言葉に対し、「先発医薬品(新薬)」と呼ばれるものがあります。
「先発医薬品」の開発・研究には、十数年にも及ぶ長い期間と莫大なコストがかかるため、それを手掛けることができるのは、ほとんどが大手の医薬品メーカーに限られています。
先発医薬品を開発した企業は、医薬品の構造や製造について特許権を取得し、特許期間の20年間はその薬の製造・販売を独占することができます。
先発医薬品の特許が切れたあと、その薬と同様の効果が認められる医薬品を研究費などのコストをかけずに、他の医薬品メーカーが製造・販売したものを「ジェネリック医薬品」としています。

ジェネリック医薬品は、もともとの先発医薬品と同じ有効成分を含むため、同様の効果を期待できて、安価に購入ができるのです。
種類によっては、先発医薬品の有効成分とは別に、他の有効成分を組み合わせたハイブリッドなものもあります。

医薬品の有効成分は体質により、効果も副作用もまちまちで、合う場合、合わない場合もあるかと思います。
一度正規品を試してみて、自分の身体に合い、継続しての購入を検討するならば、ぜひ安価なジェネリック製品も購入検討に入れてみてください。

インド製のジェネリック医薬品について

当サイトにも掲載しているジェネリック商品の多くには、インド製のものもたくさんあります。インド製のジェネリック製品が多いことには理由があります。

世界的にみると特許の切れていない製品も、インド製のジェネリック医薬品が存在していることがあります。
これは、インド国内のみ、特許の機嫌設定が世界基準とは違い、短く設定されているためです。
既にインド国内での特許は切れているため、インド製のジェネリック医薬品は違法とはならないのです。

例えばED治療薬として有名なバイアグラのインド製ジェネリック医薬品も多数あります。
バイアグラの有効成分が含まれており、バイアグラと同様の効果を期待することができる上に安価に購入できます。
当サイトで掲載している個人輸入通販サイトは正規品を取り扱っていることをきちんと確認しているので安心してお買い求め頂けますが、あまりに安価な「バイアグラ」などとうたうものの中には悪質な偽造品も多くあるのが現状です。
そういった怪しげな偽造品を購入するよりも、インド製のジェネリック医薬品を購入するほうが安心できる場合もあります。

世界と日本のジェネリック医薬品

世界の医療先進国においては、医療費の抑制のため、ジェネリック医薬品を積極的に導入しています。 世界のジェネリック医薬品普及率は、アメリカ71%、カナダ66%、イギリス65%と、60%を越える医療先進国も多くあります。

そんな中日本のジェネリック医薬品普及率は約20%と、まだまだ低い普及率であると言えます。

ジェネリック医薬品の使用は、国家的な医療費の抑制につながります。 少子高齢化社会と呼ばれ、高齢者の医療負担が今後も増加していくであろう日本において、ジェネリック医薬品の普及は必要不可欠とされています。

ジェネリック医薬品は、どれも安全性が認められた有効成分を使っています。 安全で安価なジェネリック医薬品をぜひ活用していきたいものです。

このページの先頭へ